ネットマーケティング(6175)IPOのBB(ブックビルディング)が、今日(3月13日)から始まっています。

ネットマーケティングIPOで主幹事を務めるSBI証券は、NO.1(3562)IPOでも主幹事を務めているので、どちらでIPOチャレンジポイントを使った方が良いか、もしくは使わずに貯めた方が良いか、悩んでいる方も多いと思います。

ちなみに、私は使わずに貯めるつもりですが、IPOチャレンジポイントの使いどころは本当に難しいですね。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ネットマーケティング

ネットマーケティング(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ネットマーケティング
コード6175
主幹事証券SBI証券
幹事証券SMBC日興証券
東洋証券
エース証券
藍澤證券
水戸証券
岩井コスモ証券
SMBCフレンド証券
極東証券
上場日3月31日
仮条件決定日3月9日(1,040円~1,140円に決定)
ブックビルディング期間3月13日から3月17日まで
公開価格決定日3月21日(1,140円に決定)
申込期間3月23日から3月28日まで
公募280,000株
売出し680,000株
OA144,000株
吸収金額11.2億円
想定価格1,010円
初値価格1,552円


ネットマーケティング主幹事のSBI証券

ネットマーケティングIPOの事業内容

ネットマーケティングは、「インターネットの無限の可能性を追求し、社会に新しい価値を提供するリーディングカンパニーを目指す」という経営ビジョンのもと、インタネット広告市場において、「広告事業」と「メディア事業」を展開しています。

広告事業では、広告主とアフィリエイト・サービス・プロバイダや直接提携するメディアを、ネットマーケティングが運営する広告効果計測ツール「ALLADiN(アラジン)」を介して繋ぎ、広告主のマーケティング活動の戦略立案と運用支援を行っています。

メディア事業では、素敵な出会いのきっかけを提供する恋活(こいかつ)に特化した恋愛マッチングサービス「Omiai」と、Facebookを介して登録したユーザーを直接スカウトすることができるダイレクトリクルーティングサービス「Switch.」を運営しています。

ネットマーケティングIPOの業績

ネットマーケティングの業績

(※画像クリックで拡大)

ネットマーケティングIPOの売上高は右肩上がりで順調そうです。また、利益はやや停滞気味ですが、2017年6月期は増収増益の見通しなので、特に問題ないと思います。

ネットマーケティングのIPO評価

ネットマーケティングは、2015年に一旦新規上場を取り止めていますが、その時と比べて吸収金額は小さくなっていて、想定価格も安くなっているので、より手を出しやすくなっています。

ただ、前回はマザーズ市場への上場予定でしたが、今回はジャスダックスタンダード市場への上場なのが少し残念です。やはり、マザーズの方が初値は跳ねやすいと思います。

また、ネットマーケティングは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が目立つことや、ストックオプション(新株予約権)の多さが懸念材料です。

よって、ネットマーケティングのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。ネットマーケティングの規模はそれほど大きくなく、事業内容もIPO向きですが、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多いことから、ロックアップが解除される公開価格の1.5倍を意識した初値形成になりそうです。


にほんブログ村

ネットマーケティングIPOのその他情報はこちら

ネットマーケティングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ネットマーケティングIPOのBB(ブックビルディング)は、全力で臨むつもりです。主幹事を務めるSBI証券のポイント当選配分数は300株が濃厚ですが、想定価格が安くて大きな利益は望めないかもしれないので、私はポイントを使わずに少ない資金で勝負する予定です。

また、平幹事の中ではSMBC日興証券に微かな期待をかけています。

ネットマーケティングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
エース証券 口座なし
藍澤證券 口座なし
水戸証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
SMBCフレンド証券 ネット口座での取り扱いなし
極東証券 口座なし


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社