船場(6540)IPOのBB(ブックビルディング)が、12月1日から(12月7日まで)開始されます。船場IPOは、あのZMP(7316)IPOと上場日が重なっているため、その陰に隠れてしまいそうです。

にほんブログ村でも、ZMP(7316)IPOに話題が集中していて、船場IPOの注目度は低そうです。また、船場IPOは東証2部案件なので、その点もマイナスに働きそうですね。

船場

船場(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名船場
コード6540
主幹事証券野村証券
幹事証券みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
松井証券
上場日12月19日
仮条件決定日11月30日(1,200円~1,290円に決定)
ブックビルディング期間12月1日から12月7日まで
公開価格決定日12月8日(1,290円に決定)
申込期間12月9日から12月14日まで
公募1,050,000株
売出し1,050,000株
OA315,000株
吸収金額31.2億円
想定価格1,290円

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社

船場IPOの事業内容

船場は、商業施設及びインテリアの企画・設計・監理並びに施工、経営指導及び経営診断並びに市場調査、商業施設の管理・運営及び販売促進、陳列用品の設計・製作及び販売、一般建設業などの業務を行っており、商業施設づくりの川上から川下までの全プロセスを一貫してトータルサポートしています。

また、船場は単なる店装業の枠組みから脱皮して、クライアントの要望を追及する企画力及びデザインワークのソフト面と、利便性を追求する施工力のハード面の両立を図ることで、二本の柱を有する総合力あるグループへ成長することを目指しています。

船場IPOの業績

船場の業績

(※画像クリックで拡大)

船場IPOの業績は、概ね堅調に推移しているようですが、少々頭打ちといった印象です。

船場のIPO評価

船場IPOは、東証2部案件とはいえ、やや規模(吸収金額31.2億円)が大きくて、需給面に不安があります。

また、船場IPOは同時上場する3社の中で、一番注目度が低いため、資金分散の影響も大きそうです。特に、人気化必至のZMP(7316)IPOと同時上場というのは、厳しいと言わざるを得ません。

よって、船場のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。船場IPOは、12月に新規上場する他の銘柄と比べて魅力に乏しいため、あえて申し込む必要はないと思います。


にほんブログ村

船場IPOのその他情報はこちら

船場IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

船場IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。12月中旬以降は、ZMP(7316)IPOをはじめ、他に魅力的な銘柄がいくつかあるため、そちらに資金を集中させたいと考えています。

船場IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB不参加
みずほ証券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
いちよし証券 BB不参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング