ソラスト(6197)IPOが、明日の29日に東証1部市場へ新規上場します。東京株式市場は、今のところ続伸しているようですが、明日以降も不透明な相場が続きそうです。

そんな中、ソラストIPO(吸収金額143.6億円)とコメダホールディングスIPO(吸収金額601.7億円)という大型IPOの同時上場は厳しい気もしますが、両銘柄とも公開価格を上回る堅調な初値形成を期待したいですね。

ソラスト

ソラストIPO上場直前の初値予想

1,270円 (公開価格比:-30円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,270円~1,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,400円~1,550円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:1,300円~1,400円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,300円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,222円

ソラストIPO上場直前の初値予想は、当初の通り1,270円で据え置きたいと思います。ソラストIPOは、同時上場するコメダホールディングスIPOよりも規模が大きくて知名度は低いため、厳しい上場になりそうです。

ただ、ソラストIPOは介護や保育というテーマ性が評価されれば、意外と健闘する可能性もあると思います。

公開価格を割れる場合は、引受価格1,222円で買い支えられるかがポイントになりそうです。ちなみに、カブドットコム証券で信用口座を開設すれば、気配値や合致点などが確認できるフル板が無料で利用出来てオススメです。


にほんブログ村

ソラストIPOのその他初値予想はこちら

ソラストIPO初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の2,990円で、更新値幅は65円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の975円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、325円以上で5,200円以下となります。


ソラストやコメダホールディングスなどの大型IPOでは、出来るだけ多くの証券口座から申し込むことが当選のコツなどで、早めに多くの証券口座を開設しておきましょう。⇒IPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株 ブログランキングへ