アイ・パートナーズフィナンシャル(7345)IPOの改めての新規上場が承認されました。アイ・パートナーズフィナンシャルIPOは、6月23日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの主幹事は前回と同様にSBI証券が務めることになっています。

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOは、4月に諸事情で新規上場を中止しているので、仕切り直しての新規上場になります。

アイ・パートナーズフィナンシャル

アイ・パートナーズフィナンシャル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アイ・パートナーズフィナンシャル
コード7345(その他金融業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)楽天証券
エース証券
あかつき証券
みずほ証券
マネックス証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
東洋証券
水戸証券
むさし証券
SBIネオモバイル証券
SBIネオトレード証券
上場日6月23日
仮条件決定日6月3日(2,940円~3,120円に決定)
ブックビルディング期間6月7日から6月11日
公開価格決定日6月14日(3,120円に決定)
申込期間6月15日から6月18日まで
公募100,000株
売出し0株
OA15,000株
吸収金額3.4億円
時価総額23.3億円
想定価格2,940円→公開価格:3,120円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
アイ・パートナーズフィナンシャルIPO主幹事のSBI証券

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの概要

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOは、特定の金融機関に属さない独立したファイナンシャル・アドバイザーであるIFA(Independent Financial Advisor)による金融商品仲介業を展開しています。

IFAは特定の金融機関に属していないので、営業ノルマがないため、投資家1人ひとりのライフステージや意向・実状を理解しながら、ニーズに合致した金融商品を選び、資産形成・管理・防衛などのアドバイスを行えるのが特長です。

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOは、前回とほぼ同じスペックですが、想定価格が2,850円から2,940円へとアップしているため、吸収金額も3.3億円から3.4億円にアップしています。

ただ、それでも規模(吸収金額3.4億円)は極少なので、かなりの人気を集めそうですね。また、主幹事がSBI証券なので、IPOチャレンジポイントのボーダーラインも要注目です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの幹事団は、主幹事のSBI証券をはじめ、楽天証券マネックス証券など、前回と全く同じ顔触れになっています。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの初値予想

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月3日以降)に追記させていただきます。

10,000円 (想定価格比:+7,060円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,000円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,200円~7,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社