ペイロール(4489)IPOの新規上場が承認されました。ペイロールIPOは、6月22日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ペイロールIPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。

ペイロールIPOは、すでに新規承認されているデコルテ・ホールディングスIPO東海道リート投資法人IPOとの3社同時上場になります。

6月後半のIPOは、かなりタイトなスケジュールになってきましたね。

ペイロール

ペイロール(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ペイロール
コード4489(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
東海東京証券
岡地証券
SBI証券
いちよし証券
上場日6月22日
仮条件決定日6月1日(1,280円~1,380円に決定)
ブックビルディング期間6月3日から6月9日
公開価格決定日6月10日(1,380円に決定)
申込期間6月14日から6月17日まで
公募428,000株
売出し6,410,000株
OA1,025,700株
吸収金額108.5億円
時価総額247.1億円
想定価格1,380円→公開価格:1,380円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ペイロールIPO幹事のSMBC日興証券

ペイロールIPOの概要

ペイロールIPOは、給与計算業務のアウトソーシング事業を展開しており、現在253社・98万人(2020年3月末現在)の給与計算サービスを受託しています。

ペイロールIPOの給与計算サービスは、人事部の業務軽減に大きく貢献するため、人が担っている業務までをカバーし、他社と一線を画したフルスコープ型アウトソーシングを展開しています。

ペイロールIPOは、海外への販売も予定されているとはいえ規模(吸収金額108.5億円)が大きく、売出株も公募株の10倍以上と非常に多いのが気になります。

また、ペイロールIPOはデコルテ・ホールディングスIPO東海道リート投資法人IPOとの3社同時上場になるため、資金分散の影響も受けそうなので、慎重に判断する必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ペイロールIPOの幹事団は、主幹事の野村證券を中心に、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券などの6社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ペイロールIPOの初値予想

ペイロールIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月1日以降)に追記させていただきます。

1,500円 (想定価格比:+120円)

(※大手予想会社の初値予想:1,400円~1,600円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社