AnyMind Group(5027)IPOのBB(ブックビルディング)が翌週の3月14日からスタートします。

AnyMind Group(エニーマインドグループ)は、ブランドの生産・EC構築・マーケティング・物流をワンストップで支援するプラットフォームを世界13市場17拠点で提供するテクノロジーカンパニーです。

※上場中止になりました!

AnyMind Group

AnyMind Group(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名AnyMind Group
上場中止
コード5027(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
松井証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
auカブコム証券
上場日3月30日
仮条件決定日3月11日
ブックビルディング期間3月14日から3月18日
公開価格決定日3月22日
申込期間3月23日から3月28日まで
公募3,868,100株
売出し3,678,400株
OA1,131,900株
吸収金額99.8億円
時価総額637.5億円
想定価格1,150円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード

AnyMind Group(5027)IPOの事業内容

AnyMind Groupはブランドコマース領域において、EC及びD2C領域を中心にブランドの設計・企画から、生産管理、ECサイトの構築・運用、物流管理に至るまでをサポートしています。

ブランドコマースでは、クラウドものづくりプラットフォーム「AnyFactory」、インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「AnyTag」、物流管理プラットフォーム「AnyLogi」などを提供しています。

また、AnyMind Groupはパートナーグロース領域において、パブリッシャーとクリエイターのブランド成長と収益向上を支援しています。

パートナーグロースでは、メディア・ECグロースプラットフォーム「AnyManager」とクリエイターグロースプラットフォーム「AnyCreator」を提供しています。

AnyMind Groupのビジネスモデル

(※画像クリックで拡大)

AnyMind Groupは2021年12月時点での従業員数が1,000名を超える水準まで急拡大しており、国別では日本284名、タイ217名、ベトナム148名、インド98名などで構成されていて、多国籍に事業が展開されています。

AnyMind Groupのローカルネットワーク

(※画像クリックで拡大)

AnyMind Groupの売上収益は13ヵ国・地域にて190億円を超えており、過去5年間における売上収益の年平均成長率は62%となっています。

IPOによる手取金の使途

  1. 運転資金
  2. 事業拡大のための人件費

AnyMind Group(5027)IPOの業績

AnyMind Groupの業績

(※画像クリックで拡大)

AnyMind Groupの売上は急激に伸びていますが、利益はまだまだ赤字ですね。

AnyMind GroupのIPO評価

AnyMind Groupはギックスとの同時上場で規模(吸収金額99.8億円)も大きいため、需給面に不安があります。

ただ、AnyMind Groupは欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されているので、海外での人気次第で状況が変わる可能性はあります。

また、AnyMind Groupはグローバルにビジネス展開しており、売上も順調に伸びていますが、利益は連続赤字というのも懸念材料です。

よって、AnyMind GroupのIPO評価はDが妥当だと考えています。AnyMind Group(5027)IPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AnyMind Group(5027)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

AnyMind Group(5027)IPOのBB(ブックビルディング)は今のところ検討中です。ただ、SBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので必ず申し込むつもりです。

AnyMind Group(5027)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB検討中
SBI証券 BB参加
松井証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
岩井コスモ証券 BB検討中
auカブコム証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング