ベビーカレンダー(7363)IPOの新規上場が承認されました。ベビーカレンダーIPOは、3月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ベビーカレンダーIPOは先ほどご紹介したSharing Innovations(4178)IPOと同じく、SBI証券が務めることになっています。

本日は、ベビーカレンダーIPOを含む4銘柄が新規承認されており、やはり3月後半はIPOラッシュになりそうですね。

ベビーカレンダー

ベビーカレンダー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ベビーカレンダー
コード7363(サービス業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
岩井コスモ証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
藍澤證券
極東証券
むさし証券
SBIネオトレード証券
上場日3月25日
仮条件決定日3月8日
ブックビルディング期間3月10日から3月16日まで
公開価格決定日3月17日
申込期間3月18日から3月23日まで
公募85,000株
売出し80,000株
OA24,700株
吸収金額7.4億円
時価総額32.1億円
想定価格3,880円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ベビーカレンダーIPO主幹事のSBI証券

ベビーカレンダーIPOの概要

ベビーカレンダーIPOは、通院期、入院期、産後の患者に寄り添う「ベビーパッドシリーズ」をはじめ、産婦人科が抱える課題を解決する産婦人科向け事業を展開しています。

また、ベビーカレンダーIPOは月間875万人が利用する「ベビーカレンダー(2017年5月に「クックパッドベビー」から「ベビーカレンダー」に名称変更)」などのメディア事業も行っています。

さらに、ベビーカレンダーIPOはWEBサイト制作やWEB広告をはじめ、デザインや映像制作、ロゴやパンフレットなど、お客様が最も必要とする課題解決をトータルソリューションで提案するウェブマーケティング事業も展開しています。

ベビーカレンダーIPOは値がさで当選枚数が少ないため、需給面で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ベビーカレンダーIPOの幹事団は、主幹事のSBI証券を中心に、SMBC日興証券マネックス証券などの10社で構成されています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券は新規口座開設でIPO優遇

ベビーカレンダーIPOの初値予想

ベビーカレンダーIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月8日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社