ビーウィズ(9216)IPOの仮条件が決まっています。ビーウィズIPOは親子上場(パソナグループの子会社)で規模も大きいため、需給面が不安視されています。

今年のIPOは地合いの悪さから上場中止が相次いでいるため、ビーウィズIPOも新規上場まで無事にたどり着けるか注目です。

ビーウィズ

ビーウィズIPOの関連記事

ビーウィズIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

ビーウィズIPOのBBスタンスとIPO評価!BPO関連IPO

ビーウィズIPOの仮条件

1,400円~1,700円

ビーウィズIPOの仮条件は、想定価格の1,920円を大幅に下回るレンジで設定されています。

昨年までは強気の仮条件が目立ちましたが、もはや仮条件の下振れが当たり前になってしまいましたね。

ちなみに、ビーウィズIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は117億円から103.6億円にダウンします。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

ビーウィズIPOの初値予想

1,600円 (想定価格比:-320円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,020円~2,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,700円~1,900円)

↓(上場直前の初値予想)

1,316円 (公開価格比:-84円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,400円)

ビーウィズIPOは吸収金額が仮条件の上限ベースで103.6億円あります。ただ、東証1部としては規模が大きいというわけではありません。

しかし、今の地合いではそれでも重荷ですね。また、親子上場パソナグループの子会社)というのもやや気掛かりです。

よって、ビーウィズIPOは東証1部なので一定の買い需要は見込めますが、それでも初値は公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ビーウィズIPOの幹事団

ビーウィズIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 大和証券
野村證券
SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券

ビーウィズIPOの幹事団は主幹事のみずほ証券を中心に、全てネットから申し込める証券会社で構成されています。

しかし、ビーウィズIPOはリスクが高めなので、BB(ブックビルディング)に参加するかは慎重に判断したほうが良いと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社