ブランディングテクノロジー(7067)IPOの新規上場が承認されました。ブランディングテクノロジーIPOは、6月21日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ちなみに、ブランディングテクノロジーIPOの主幹事はSBI証券が務めることになっています。このところ、連日にわたってIPOが新規承認されて良い感じです。

また、ブランディングテクノロジーIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントのボーダーラインなどについて、にほんブログ村などでも、様々な予想がアップされそうですね。

ブランディングテクノロジー

ブランディングテクノロジー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ブランディングテクノロジー
コード7067
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
楽天証券
岩井コスモ証券
藍澤證券
極東証券
東洋証券
むさし証券
エース証券
丸三証券
香川証券
おきぎん証券
上場日6月21日
仮条件決定日5月31日(1,600円~1,740円に決定)
ブックビルディング期間6月4日から6月10日まで
公開価格決定日6月11日(1,740円に決定)
申込期間6月13日から6月18日まで
公募126,200株
(新株式発行:70,800株
自己株式の処分:55,400株)
売出し30,000株
OA0株
吸収金額2.4億円
時価総額24.8億円
想定価格1,540円→公開価格:1,740円
初値価格4,825円

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ブランディングテクノロジーIPO主幹事のSBI証券

ブランディングテクノロジーIPOの概要

ブランディングテクノロジーIPOは、企業が持つそれぞれの想いをブランドとして形づくり、テクノロジー(デジタルマーケティング、AI、RPA等々)を活用することでビジネスの成長へとつなげる「ブランド×テクノロジー」を軸として、中堅・中小ベンチャー企業や歯科医院を総合的に支援している企業です。

また、ブランディングテクノロジーIPOは「歯科タウン」、「外液塗装コンシェルジュ」、「イエジン」などのメディアも運営しています。

ブランディングテクノロジーIPOは、とにもかくにも規模(吸収金額2.4億円)が小さいため、需給面で人気を集めると思います。SBI証券が主幹事なので注目度も高そうですね。

注目の幹事証券

主幹事のSBI証券は、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも可能なので要注目です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


また、楽天証券は100%完全抽選なので、比較的抽選配分数が多くなる傾向にあるため要チェックです。


楽天証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ブランディングテクノロジーIPOのその他情報はこちら

ブランディングテクノロジーIPOの初値予想

ブランディングテクノロジーIPOの初値予想は、仮条件決定後(5月31日以降)に追記させていただきます。

4,500円⇒5,000円 (公開価格比:+3,260円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,000円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,500円~6,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社