インフォネット(4444)IPOの新規上場が承認されました。インフォネットIPOは、6月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ちなみに、インフォネットIPOの主幹事はブランディングテクノロジーIPOに続いてSBI証券が務めることになっています。

SBI証券がまたしても主幹事を務めるため、にほんブログ村などでIPOチャレンジポイントのボーダーラインや当選配分数ついて、大いに盛り上がりそうですね。

インフォネット

インフォネット(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名インフォネット
コード4444
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
藍澤證券
極東証券
岩井コスモ証券
東洋証券
むさし証券
エイチ・エス証券
岡三証券
丸三証券
東海東京証券
エース証券
岡三オンライン証券
楽天証券
上場日6月25日
仮条件決定日6月5日(1,350円~1,490円に決定)
ブックビルディング期間6月7日から6月13日まで
公開価格決定日6月14日(1,490円に決定)
申込期間6月18日から6月21日まで
公募300,000株
売出し200,000株
OA75,000株
吸収金額7.8億円
時価総額26億円
想定価格1,350円→公開価格:1,490円
初値価格3,430円

SBI証券[旧イー・トレード証券]
インフォネットIPO主幹事のSBI証券

インフォネットIPOの概要

インフォネットIPOは、WEBサイトの構築・管理・更新ができるCMS(コンテンツマネジメントシステム)を提供している企業です。

また、インフォネットIPOはAI(人工知能)を利用した文章解析とディープラーニングを活用した「進化するAIチャットボットアプリケーション」や、ASP型インターネット宿泊予約システム「宿ソリューション」なども提供しています。

インフォネットIPOは、ネット関連の小型なマザーズIPOなので、かなりの人気を集めると思います。SBI証券が主幹事なので注目度も高そうですね。

注目の幹事証券

主幹事のSBI証券は、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも可能なので要注目です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


また、SMBC日興証券は新規に口座開設すれば、IPOの優遇特典が得られるので、まだ口座をお持ちでない方は要チェックです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!


さらに、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券が委託幹事になる可能性も高いと思います。←正式に決定しました!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

インフォネットIPOのその他情報はこちら

インフォネットIPOの初値予想

インフォネットIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月5日以降)に追記させていただきます。

4,000円 (想定価格比:+2,650円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,000円~4,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,000円~5,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社