岩塚製菓(2221)とピクスタ(3416)の立会外分売が発表されています。岩塚製菓は、岩塚の黒豆せんべい、味しらべ、田舎のおかき、大人のおつまみシリーズなど、米菓の製造・販売している企業です。

また、ピクスタはデジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」などを運営している企業です。

5月は、IPOがバルテスしかありませんが、立会外分売はかなり充実してきたので、それなりに楽しめそうですね。

ピクスタ

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
アイ・ピー・エス
(4390)
5/21~5/24 100,000株 100株
岩塚製菓
(2221)
5/22~5/27 × 43,000株 1,000株
ピクスタ
(3416)
5/22~5/28 × 100,000株 500株
ニッポン高度紙工業
(3891)
5/24~5/29 検討中 500,000株 3,000株
ヴィスコ・テクノロジーズ
(6698)
5/27~5/29 172,000株 500株
アイリックコーポレーション
(7325)
5/28~5/31 検討中 169,000株 100株
ディーエムソリューションズ
(6549)
5/28~6/4 検討中 42,200株 100株
博展
(2173)
5/29~6/5 検討中 50,000株 500株
テラスカイ
(3915)
5/30~6/3 検討中 72,000株 100株
ニーズウェル
(3992)
5/31~6/6 検討中 380,500株 200株

(※2019年5月19日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

岩塚製菓の立会外分売目的は、「当社株式の分布状況の改善及び流動性向上のため」となっています。

また、ピクスタの立会外分売目的も、「当社株式の分布状況の改善及び 流動性の向上を図るため」となっています。

岩塚製菓は、値がさで流動性も乏しいため、ややリスクが高そうなので、今のところ見送るつもりです。

また、ピクスタも流動性に乏しく、この分売株数(100,000株)だと捌き切れない可能性もあるため、今のところ見送る予定です。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング