キャンディル(1446)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の6月19日から開始されます。7月のIPOは、今のところキャンディルを含めて3銘柄しか新規承認されていないので、それなりの関心を集めると思います。

建設業はIPOで人気になりにくい印象ですが、それほど規模は大きくなく、次に新規上場するMTGとも間隔が空いているため、需給面でも注目されそうです。

キャンディル

キャンディル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名キャンディル
コード1446
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日7月5日
仮条件決定日6月15日(1,160円~1,180円に決定)
ブックビルディング期間6月19日から6月25日まで
公開価格決定日6月26日(1,180円に決定)
申込期間6月27日から7月2日まで
公募200,000株
売出し950,000株
OA172,500株
吸収金額15.3億円
時価総額58億円
想定価格1,160円→公開価格:1,180円
初値価格1,800円

キャンディルIPOの事業内容

キャンディルは、「革新創造」を社是とし、「世界に誇れる独創的建物サービスで社会と感動を分かち合う」という理念のもと、建築サービス関連事業を主たる事業として行っています。

建築サービス関連事業としては、リペアサービス住環境向け建築サービス商環境向け建築サービス商材販売の4つのサービスを提供しています。

キャンディルは全国35都市・58拠点のサービス網を構築し、全国で均一なサービス品質を提供するための技術研修プログラムを実施し、新しい住宅循環システムを支えるための住宅ライフサイクル全体をワンストップでカバーしています。

キャンディルIPOの業績

キャンディルの業績

(※画像クリックで拡大)

キャンディルIPOの業績は急激に伸びていて好調そうですね。

キャンディルのIPO評価

キャンディルは、マザーズ市場への単独上場で、規模(吸収金額15.3億円)もさほど大きくないため、そこそこの人気を集めると思います。

また、建築事業はIPOで人気とは言えませんが、リペア(修復)やアフター点検などのメンテナンスサービスは今後も需要が見込めて、業績も好調に推移していることから、一定の評価を得られそうです。

よって、キャンディルのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。キャンディルIPOは、公開価格の2倍前後の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

キャンディルIPOのその他情報はこちら

キャンディルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

キャンディルIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。主幹事の野村證券はもとより、SMBC日興証券岡三オンライン証券などの平幹事も全て申し込むつもりです。

キャンディルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ