キャピタル・アセット・プランニング(3965)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の9月20日から始まります。

キャピタル・アセット・プランニングは、ジャスダックIPOながらも、規模が小さくて、FinTech(フィンテック)というテーマ性から人気化必至の銘柄ですね。

キャピタル・アセット・プランニング

キャピタル・アセット・プランニング(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名キャピタル・アセット・プランニング
コード3965
主幹事証券野村証券
幹事証券大和証券
高木証券
東海東京証券
あかつき証券
マネックス証券
上場日10月7日
仮条件決定日9月15日(1,960円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間9月20日から9月27日まで
公開価格決定日9月28日(2,000円に決定)
申込期間9月29日から10月4日まで
公募160,000株
売出し0株
OA24,000株
吸収金額3.6億円
想定価格1,960円


キャピタル・アセット・プランニングIPOで幹事を務めるマネックス証券

キャピタル・アセット・プランニングIPOの事業内容

キャピタル・アセット・プランニングは、IT(Information Technolory)とFT(Financial Technolory)の統合による、金融リテールビジネスの業務プロセスを最適化するためのシステムを開発・提供している企業です。

キャピタル・アセット・プランニングは、金融機関等の営業担当者及び管理者、その顧客が直接使用するシステムの開発・提供に特化していることが特徴です。

また、キャピタル・アセット・プランニングが開発・提供する主なシステムには、「ライフプランシステム」「エステートプランシステム」などが挙げられます。

キャピタル・アセット・プランニングIPOの業績

キャピタル・アセット・プランニングの業績

(※画像クリックで拡大)

キャピタル・アセット・プランニングIPOの業績は、決算期の変更もあってバラついた印象ですが、2016年9月期の業績は増収増益の見通しになっています。

キャピタル・アセット・プランニングのIPO評価

キャピタル・アセット・プランニングIPOは、吸収金額3.6億円(想定価格ベース)と小型で、当選枚数も極めて少ないことから、プラチナチケット間違いなしの銘柄です。

また、キャピタル・アセット・プランニングIPOは、FinTech(フィンテック)というテーマ性からも注目されそうです。

ただ、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株328,000株が、公開価格の1.5倍以上でロックアップ解除になるので、実質的な吸収規模は10億円程度になりそうです。

しかし、キャピタル・アセット・プランニングIPOは、その点を考慮しても、総合的に見て需給面に大きな影響は無さそうです。

よって、キャピタル・アセット・プランニングのIPO評価はAが妥当だと考えています。キャピタル・アセット・プランニングIPOは、初日値付かずも想定される、強い初値形成が期待できそうです。


にほんブログ村

キャピタル・アセット・プランニングIPOのその他情報はこちら

キャピタル・アセット・プランニングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

キャピタル・アセット・プランニングIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。

主幹事の野村証券は当然ながら、平幹事の中では1人1票制で100%完全抽選のマネックス証券にも期待したいです。

キャピタル・アセット・プランニングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
高木証券 口座なし
東海東京証券 BB参加
あかつき証券 口座なし
マネックス証券 BB参加


マネックス証券の公式サイト

超大型なJR九州(九州旅客鉄道)IPOが新規承認されたので、出来るだけ多くの証券口座を開設して、複数当選を目指しましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ