大英産業(2974)IPOの仮条件が発表されました。大英産業IPOは、流動性に不安のある福岡証券取引所への新規上場なので、あまり話題になっていないようです。

また、大英産業は6月のIPO第一弾ですが、ここにきて6月中旬以降のIPOが次々と新規承認されているので、注目度もますます低下しそうですね。

大英産業

大英産業IPOの関連記事

大英産業IPOのBBスタンスとIPO評価!6月のIPO第一弾!

大英産業IPOの新規上場を承認!エイチ・エス主幹事の福証IPO!

大英産業IPOの仮条件

1,420円~1,520円

大英産業IPOの仮条件は、想定価格の1,500円を挟みながら、下方に大きく拡げたレンジになっています。

下方に広いので、やや弱気の仮条件に見えますが、公開価格が仮条件の上限で決まると、想定価格よりも上振れるため、やや強気の仮条件にも見えますね。

ちなみに、大英産業IPOの公開価格が仮条件の上限(1,520円)で決まると、吸収金額は6.75億円から6.84億円にアップしますが、ほとんど変わりありません。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

大英産業IPOの初値予想

1,520円⇒1,398円 (公開価格比:-122円

(※大手予想会社の初値予想:1,400円~1,550円)

大英産業は、IPOで不人気な地方市場(福岡証券取引所)の不動産会社なので、人気化する可能性は低いと思います。

ただ、大英産業IPOは規模(吸収金額6.84億円)が小さいため、需給面で関心を集めるかもしれません。

よって、大英産業IPOは公開価格と同値程度で初値形成すると予想しています。規模だけ見れば、もう少し良い初値が付きそうですが、地方市場(福岡証券取引所)だけに過度な期待は禁物だと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

大英産業IPOのその他初値予想はこちら

大英産業IPOの幹事団

大英産業IPOの幹事団
主幹事証券 エイチ・エス証券
幹事証券 SMBC日興証券
岡三証券
SBI証券
FFG証券
西日本シティTT証券
マネックス証券
ひろぎん証券
岡三オンライン証券

主幹事のエイチ・エス証券は、前受金不要(事前入金不要)でIPOに申し込めるので、資金が少ない方にもオススメの証券会社です。

また、SBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので、必ず申し込んだ方が良いと思います。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社