ディマージシェア(4195)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の4月8日から開始されます。

ディマージシェアは、IPOで人気のDX(デジタルトランスフォーメーション)関連事業を展開している企業です。

ディマージシェアは、マザーズへの単独上場で規模も小さいため、需給面でも人気を集めそうですね。

※上場中止になりました!

ディマージシェア

ディマージシェア(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ディマージシェア
上場中止
コード4195(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
岡三証券
楽天証券
岡三オンライン証券
上場日4月23日
仮条件決定日4月7日
ブックビルディング期間4月8日から4月14日まで
公開価格決定日4月15日
申込期間4月16日から4月21日まで
公募50,000株
売出し164,000株
OA32,100株
吸収金額4.3億円
時価総額18.3億円
想定価格1,750円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード

ディマージシェアIPOの事業内容

ディマージシェアは、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を通じて経営革新/事業創造を支援する「DIGITAL SOLUTION COMPANY」を標榜し、DXの構想及びそれを実現するシステムの設計・開発・運用をワンストップで支援しています。

インテグレーションサービスでは、顧客の様々なDXニーズに対して、戦略的パートナーとしてDXの構想・設計・開発・運用をワンストップで支援しています。

ディマージシェアのインテグレーションサービス

クラウドサービスでは、インターネット広告事業に特化したクラウド型システム「admage」を開発し、インターネット広告に携わる広告代理店やメディア企業に対して提供しています。

ディマージシェアのadmage

また、ディマージシェアはコンテンツマーケティングの成功に必要な「集客後」の施策をサポートするAI搭載クラウド型のコンテンツレコメンドツール「caravas(カラバス)」も提供しています。

ディマージシェアの累計顧客数は556社に及び、顧客の業界としてはDXの進展により社会的ニーズが更に高まることが予想されるロジスティクスや情報・通信、医療・福祉等の社会インフラ、オンライン上で提供されるサービス・エンターテインメント・広告等が中心となっています。

ディマージシェアの売上構成

IPOによる手取金の使途

  1. 人材の生産性・創造性・快適性を高めることを目的としたオフィス改修費用
  2. 人材採用費
  3. 自社クラウド製品である「admage」「caravas」の継続的な製品開発及び新たなデジタルテクノロジーを顧客に対して実装可能にするための研究開発費
  4. 自社クラウド製品である「admage」「caravas」の認知度の向上及び魅力の訴求を目的とした販売促進費

ディマージシェアIPOの業績

ディマージシェアの業績

(※画像クリックで拡大)

ディマージシェアIPOの売上は堅調に推移しており、利益も伸びていて今後に期待できそうですね。

ディマージシェアのIPO評価

ディマージシェアは、吸収金額が想定価格ベースで4.3億円と小さく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面だけでもかなりの人気を集めると思います。

また、ディマージシェアは時流に乗ったDX(デジタルトランスフォーメーション)関連事業を展開していて、クラウドAI(人工知能)というテーマ性もあるため、事業面でも注目されそうです。

よって、ディマージシェアのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ディマージシェアIPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ディマージシェアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ディマージシェアIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。

主幹事のSMBC日興証券を中心に、楽天証券岡三オンライン証券などの平幹事も全て申し込んで当選を狙いたいと思います。

ディマージシェアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
楽天証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社