ステラファーマ(4888)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の4月6日からスタートします。

ステラファーマは、BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)に用いる薬剤を研究開発しているバイオベンチャーです。

ステラファーマは、大型で話題性のあるビジョナルネオマーケティングとの3社同時上場なので、資金分散の影響が気になりますね。

ステラファーマ

ステラファーマ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ステラファーマ
コード4888(医薬品)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
上場日4月22日
仮条件決定日4月2日(400円~460円に決定)
ブックビルディング期間4月6日から4月12日まで
公開価格決定日4月13日(460円に決定)
申込期間4月14日から4月19日まで
公募7,391,400株
売出し0株
OA1,108,600株
吸収金額43.4億円
時価総額140.4億円
想定価格510円→公開価格:460円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

ステラファーマIPOの事業内容

ステラファーマは、BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)の事業化を目的にステラケミファ(4109)の子会社として設立され、BNCT用ホウ素薬剤の研究及び開発に取り組んでいます。

BNCTは、その特徴としてがん細胞を選択的に破壊することができる治療法であることから、がん細胞と入り組む正常組織への影響が少なく、術後のQOL(Quality Of Life/生活の質)も従来の治療に比べて良好であることが期待されています。

BNCTの仕組み

BNCTの仕組み

また、ステラファーマはステボロニンの医薬品製造販売承認を取得したことに伴い、国内ではBNCTによる医療技術や治療実績の認知度向上と加速器の普及を目指し事業を展開しています。

ステラファーマのステボロニン

ステラファーマが開発・製造及び販売するステボロニンは、厚生労働省の実施する先駆け審査指定制度の対象品目に指定されており、2020年3月にBNCT用ホウ素薬剤として世界初となる薬事承認を取得しています。

ステラファーマは、BNCT用ホウ素薬剤の適応疾患の拡大を開発テーマとして、適応疾患別に開発パイプラインを構成しています。

ステラファーマの開発パイプライン

ステラファーマの開発パイプライン

IPOによる手取金の使途

  1. 当社開発品であるステボロニンの適応疾患の拡大のための研究開発資金
  2. 海外展開のための製剤技術及び分析技術の移管、治験薬の製造開発資金
  3. 長期借入金の返済原資
  4. 事業運営及び開発のために必要な人件費等

ステラファーマIPOの業績

ステラファーマの業績
ステラファーマの業績

(※画像クリックで拡大)

ステラファーマIPOの業績は、バイオベンチャーだけに赤字ですね。

ステラファーマのIPO評価

ステラファーマは、ビジョナルネオマーケティングとの3社同時上場で、規模(吸収金額43.4億円)もわりとあるため、需給面に不安があります。

ただし、売出株ゼロの公募株のみで、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらない点は好材料です。

また、ステラファーマはステラケミファ(4109)の子会社なので親子上場になりますが、以前ほど警戒されないので、あまり気にしなくても良さそうです。

さらに、ステラファーマの業績は赤字ですが、医薬品の開発事業には社会的意義があり、世界初となる薬事承認も取得していることから、事業面でも一定の評価を得られそうです。

よって、ステラファーマのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ステラファーマIPOは、公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。


IPO・新規公開株ランキング

ステラファーマIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ステラファーマIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。

主幹事のみずほ証券をはじめ、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事も申し込む予定です。

ステラファーマIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
マネックス証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社