フィードフォース(7068)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の6月20日から始まります。フィードフォースは、マザーズへの単独上場で規模も小さいため、需給面で人気を集めると思います。

また、フィードフォースは7月のIPO第一弾なので、注目度も高くて期待できそうですね。

フィードフォース

フィードフォース(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フィードフォース
コード7068
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
野村證券
エース証券
丸三証券
マネックス証券
東海東京証券
エイチ・エス証券
みずほ証券
上場日7月5日
仮条件決定日6月18日(1,030円~1,150円に決定)
ブックビルディング期間6月20日から6月26日まで
公開価格決定日6月27日(1,150円に決定)
申込期間6月28日から7月3日まで
公募650,000株
売出し30,100株
OA101,900株
吸収金額8.1億円
時価総額57.6億円
想定価格1,030円→公開価格:1,150円
初値価格2,760円

フィードフォースIPOの事業内容

フィードフォースは、データフィード、構造化データ、ID連携といったテクノロジーを駆使しながら、プロフェッショナルサービス事業SaaS事業の2つの事業で、企業の成長や課題解決、生産性の向上を支援しています。

プロフェッショナルサービス事業では、データフィード管理のアウトソーシングサービス「DF PLUS」やコンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」など、データフィードを活用したマーケティングの支援及びソリューションの提供を行っています。

SaaS事業では、データフィード統合管理ツール「dfplus.io」、広告運用自動化ツール「EC Booster」、ソーシャルログインシステム「ソーシャルPLUS」などをSaaSにより提供しています。

フィードフォースIPOの各サービス

フィードフォースの各サービス

(※画像クリックで拡大)

ちなみに、データフィードとは複数個所のデータを定期的に更新する仕組みのことを指します。

フィードフォースIPOの業績

フィードフォースの業績

(※画像クリックで拡大)

フィードフォースIPOの売上は順調に伸びています。また、利益は連続赤字から黒字転換してきているので、今後に期待したいところです。

フィードフォースのIPO評価

フィードフォースは、小型(吸収金額8.1億円)、ネット関連、マザーズの三拍子が揃っているので、間違いなく人気化すると思います。

また、フィードフォースは日程に恵まれていて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たりません。

よって、フィードフォースのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。フィードフォースIPOは、初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フィードフォースIPOのその他情報はこちら

フィードフォースIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

フィードフォースIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事の大和証券を中心に、IPOでお馴染みのSBI証券マネックス証券など、幅広く申し込んで当選を狙いたいと思います。

フィードフォースIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
野村證券 BB参加
エース証券 口座なし
丸三証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
みずほ証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング