グローバルグループ(6189)IPOのBB(ブックビルディング)が来月の3月2日から(3月8日まで)開始されます。グローバルグループは、約9年ぶりの6社同時上場という厳しい日程で東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

グローバルグループは、同時上場する6社の中で一番吸収金額が大きいため、資金分散の影響も大きそうなところが懸念材料です。

グローバルグループ

グローバルグループ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名グローバルグループ
コード6189
主幹事証券いちよし証券
幹事証券SMBC日興証券
野村証券
みずほ証券
SMBCフレンド証券
エース証券
岡三証券
極東証券
東洋証券 (ネット口座での取り扱いは無し)
マネックス証券
上場日3月18日
仮条件決定日2月29日(1,900円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間3月2日から3月8日まで
公募価格決定日3月9日(2,000円に決定)
公募1,250,000株
売出し576,300株
OA250,000株
吸収金額45.7億円
想定価格2,200円

グローバルグループIPOの事業内容

グローバルグループは、保育所・学童保育施設の運営している連結子会社の「株式会社グローバルキッズ」「株式会社ろく」により構成されており、子育て支援を主な事業として営んでいる企業です。

また、グローバルグループは首都圏を中心に、自治体より認可を受けた保育施設74施設及び学童クラブ・児童館10施設を運営しています。

グローバルグループの業績

(※画像クリックで拡大)

グローバルグループは、待機児童が大きな社会問題になっている点から、とっても応援したくなる事業内容でニーズも高いと思います。業績もそれを表すかのように好調なようです。

グローバルグループのIPO評価

グローバルグループIPOは、事業内容や業績面で評価出来ると思いますが、6社同時上場という過密スケジュールと吸収金額45.7億円(想定価格ベース)という規模の大きさがネックになりそうです。

よって、グローバルグループのIPO評価はCが妥当だと考えています。グローバルグループは、公募価格付近での初値形成になると思いますが、6社同時上場の影響をどの程度受けるかによって、上へも下へもいく可能性があるので、慎重に見極める必要がありそうです。

グローバルグループIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

グローバルグループIPOのBB(ブックビルディング)は今のところ検討中です。3月はIPOラッシュで資金的にも厳しいため、同時上場する他の5社と見比べながら、BB(ブックビルディング)直前まで悩んで決めたいと思います。

グローバルグループIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
いちよし証券 (主幹事) BB未定
SMBC日興証券 BB未定
野村証券 BB未定
みずほ証券 BB未定
SMBCフレンド証券 口座無し
エース証券 口座無し
岡三証券 BB未定
極東証券 口座無し
東洋証券 口座無し
(ネット口座での取り扱いは無し)
マネックス証券 BB未定


マネックス証券のIPOは100%完全抽選なので口座開設したばかりでも当選のチャンスがあります。ただいま期間限定で新規口座開設キャンペーン中です。


にほんブログ村

グローバルグループIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ