日本グランデ(2976)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決定しています。日本グランデIPOは、本社のある札幌市を中心に不動産事業を展開している企業です。

日本グランデIPOは、上場市場が地方市場(札幌証券取引所アンビシャス)なので、あまり注目されていないようですね。

日本グランデ

日本グランデIPOの過去記事

日本グランデIPOの初値予想!仮条件はやや強気!

日本グランデIPOのBBスタンスとIPO評価!小型な不動産IPO!

日本グランデIPOの新規上場を承認!札証アンビシャスIPO!

日本グランデIPOの配分数(割当数)

日本グランデIPの配分数(割当数)は、主幹事の藍澤證券約85%を占めていますが、ネットから申し込むことは出来ません。

なので、ネット抽選組はIPO幹事常連のSBI証券や、前受金不要(事前入金不要)の岡三オンライン証券などに申し込むしかないですね。

日本グランデIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
藍澤證券 (主幹事) 157,900株 85% -枚
北洋証券 9,300株 5% -枚
岡三証券 7,400株 3.98% 7枚
SBI証券 7,400株 3.98% 33枚 A
あかつき証券 1,900株 1.02% -枚
エース証券 1,900株 1.02% -枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 185,800株 100% 40枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本グランデIPOのその他情報はこちら

日本グランデIPOのBB(ブックビルディング)は、6月6日で締め切られるので、早めに申し込んでおくことをオススメします。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング