グローバルインフォメーション(4171)IPOの新規上場が承認されました。グローバルインフォメーションIPOは、12月24日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場する予定です。

また、グローバルインフォメーションIPOの主幹事はエイチ・エス証券が務めることになっています。

グローバルインフォメーションIPOは、本日同じく新規承認された東京通信との同時上場になります。

グローバルインフォメーション

グローバルインフォメーション(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名グローバルインフォメーション
コード4171(情報・通信業)
主幹事証券エイチ・エス証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
岡三証券
マネックス証券
松井証券
楽天証券
岡三オンライン証券
上場日12月24日
仮条件決定日1,110円~1,210円に決定
ブックビルディング期間12月7日から12月11日まで
公開価格決定日12月14日
申込期間12月16日から12月21日まで
公募125,000株
売出し375,000株
OA75,000株
吸収金額6.9億円
時価総額31.5億円
想定価格1,200円
初値価格初値決定後に追記


グローバルインフォメーションIPO幹事のマネックス証券

グローバルインフォメーションIPOの概要

グローバルインフォメーションIPOは、特定のテーマに沿って市場動向を調査し、分析を行い体系的にまとめた市場調査レポートを販売しています。

また、グローバルインフォメーションIPOは既存の資料でカバーできないトピックの情報をお求めの方に、カスタムメイドの情報を提供する委託調査も行っています。

さらに、グローバルインフォメーションIPOは年間を通して特定分野に関する最新の情報をタイムリーに提供する年間契約型情報サービスの販売や、主に海外で開催される国際会議・学会・展示会の出展・参加の申し込み受け付けなども行っています。

グローバルインフォメーションIPOは、ジャスダックの地味めな銘柄ですが、規模(吸収金額6.9億円)の小ささで注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グローバルインフォメーションIPOの幹事団は、主幹事のエイチ・エス証券を中心に、100%完全抽選のマネックス証券楽天証券などの7社で構成されています。


楽天証券のIPOは100%完全抽選

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

グローバルインフォメーションIPOの初値予想

グローバルインフォメーションIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月3日以降)に追記させていただきます。

-円

(※大手予想会社の初値予想:1,900円~2,300円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社