HENNGE(4475)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の9月20日からスタートします。HENNGE(へんげ)は、クラウドセキュリティサービス「HENNGE One」を提供していることで注目されている企業です。

また、HENNGEはAI CROSSとの同時上場になりますが、両方合わせても約23億円なので、あまり気にする必要はなさそうですね。

HENNGE

HENNGE(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名HENNGE
コード4475
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)クレディ・スイス証券
大和証券
いちよし証券
エース証券
岡三証券
丸三証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日10月8日
仮条件決定日9月19日(1,200円~1,400円)に決定
ブックビルディング期間9月20日から9月26日まで
公開価格決定日9月27日(1,400円に決定)
申込期間9月30日から10月3日まで
公募50,000株
売出し1,258,000株
OA196,200株
吸収金額15.6億円
時価総額161億円
想定価格1,040円→公開価格:1,400円
初値価格2,001円

HENNGE(4475)IPOの事業内容

HENNGEは、Office 365、LINE WORKS、Dropbox、awsなど、企業が利用する様々なクラウドサービスへのセキュアなアクセスとシングルサインオンを実現するクラウドセキュリティサービスである「HENNGE One」を主なサービスとして提供しています。

HENNGE Oneは、企業が様々なクラウドサービスを利用する際に、単一のIDとパスワードでユーザーによる横断的なログインを可能とするID統合機能のほか、特定の場所や端末以外からのログインを制限するアクセス制限機能やメール暗号化など、情報漏洩対策機能等を備えることで、利便性と安全性を兼ね備えた企業向けSaaSになっています。

HENNGE Oneの概要図

(※画像クリックで拡大)

HENNGE Oneは、年額で定額課金するサブスクリプション型サービスになっているため、継続的で安定的な売上が期待できます。

>HENNGE Oneの利用料金

HENNGE Oneの利用料金

(※画像クリックで拡大)

また、HENNGEは会議室利用最適化と訪問者受付業務省力化によって生産的な働き方を支援するIoT as a Service「HENNGE Workstyle」、HENNGE Oneと連携することでスマートデバイスからセキュアにクラウドサービスにアクセス可能なブラウザ「HENNGE Secure Browser」、2段階認証プロセスと呼ばれる認証のための仮想デバイスアプリ「HENNGE OTP Generator」といったクラウドサービスも提供しています。

HENNGE(4475)IPOの業績

HENNGEの業績

(※画像クリックで拡大)

HENNGE(4475)IPOの売上は右肩上がりで伸びていて、利益も多少のバラつきはあるものの概ね好調に推移しているようです。

HENNGEのIPO評価

HENNGEは、IPOで人気になりやすいクラウド関連事業を展開していて、規模(吸収金額15.6億円)もそれほど大きくないため、かなりの人気を集めると思います。

また、HENNGEはクラウドセキュリティIoTSaaSサブスクリプションといったテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、HENNGEのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。HENNGE(4475)IPOは、売出株の多さやVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が少し気になりますが、それでも公開価格の2倍を上回る高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

HENNGE(4475)IPOのその他情報はこちら

HENNGE(4475)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

HENNGE(4475)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事の野村證券を中心に、SBI証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込む予定です。

HENNGE(4475)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
クレディ・スイス証券 口座なし
大和証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三証券 BB参加
丸三証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング