HPCシステムズ(6597)IPOの仮条件が決まっています。HPCシステムズIPOは電気機器セクターなので、人気になりやすい業種とは言えませんが、全体的には堅実な印象なので、それなりに関心を集めそうです。

ただし、HPCシステムズIPOはマザーズにしては規模が大きく、売出株も非常に多いため、需給面に不安がありますね。

HPCシステムズ

HPCシステムズIPOの関連記事

HPCシステムズIPOのBBスタンスとIPO評価!

HPCシステムズIPOの新規上場を承認!主幹事はSMBC日興証券!

HPCシステムズIPOの仮条件

1,930円~1,990円

HPCシステムズIPOの仮条件は、想定価格の1,930円を下限に上方へ少し拡げたレンジになっています。HPCシステムズIPOは、需給面が懸念材料だったので、もう少し弱めの仮条件になるかと思っていましたが、機関投資家へのヒアリング結果が意外と良かったようです。

ちなみに、HPCシステムズIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は61.7億円から63.7億円にアップするので、さらに重くなってしまいますね。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

HPCシステムズIPOの初値予想

2,200円 (想定価格比:+270円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,300円~2,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,990円)

HPCシステムズIPOは、規模(吸収金額63.7億円)が大きくて、売出株(2,731,400株)も多いため、投資ファンドの出口案件として警戒されそうです。

しかし、HPC(High Performance Computing=高性能計算)事業は堅実そうで、業績も好調に推移しており、ホームページ上にはAI(人工知能)、ディープラーニング(深層学習)、クラウド、SI(システムインテグレーション)といったIPOで人気のキーワードが散りばめられているため、一定の評価は得られると思います。

よって、HPCシステムズIPOは公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

HPCシステムズIPOのその他初値予想はこちら

HPCシステムズIPOの幹事団

HPCシステムズIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
みずほ証券
東海東京証券
むさし証券
岩井コスモ証券

HPCシステムズIPOは、当選枚数が比較的多めなので、主幹事のSMBC日興証券はもちろんのこと、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うこともできるSBI証券などにもチャンスがありそうです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社