アイモバイル(6535)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の10月11日から(10月17日まで)始まります。

アイモバイルIPOの主幹事はSBI証券なので、いつものことですが、IPOチャレンジポイントの当選ラインと当選時の配分数が気になるところです。

また、アイモバイルIPOはBB(ブックビルディング)期間がJR九州IPOと重なっているので、資金繰りに頭を悩ますことになりそうですね。

アイモバイル

アイモバイル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アイモバイル
コード6535
主幹事証券SBI証券
幹事証券みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
マネックス証券
上場日10月27日
仮条件決定日10月6日(1,220円~1,320円に決定)
ブックビルディング期間10月11日から10月17日まで
公開価格決定日10月18日(1,320円に決定)
申込期間10月20日から10月25日まで
公募3,330,000株
売出し2,220,000株
OA823,800株
吸収金額79億円
想定価格1,240円


アイモバイルIPO主幹事のSBI証券

アイモバイルIPOの事業内容

アイモバイルは、広告主及びメディアに対して、双方の利益最大化を支援するアドネットワーク関連事業(クリック課金型広告配信)を主軸事業としている企業です。

また、アイモバイルは、成果報酬型モデル広告のアフィリエイト事業、リスティング広告・ディスプレイ広告等の販売代理店事業及び、スマートフォン向けアプリケーションの開発・提供するコンテンツ事業なども手掛けています。

さらに、アイモバイルは、動画広告サービス「maio」 、DSP事業「Evory」、ふるさと納税事業「ふるなび」など、幅広いインタネットサービスを展開しています。

アイモバイルIPOの業績

アイモバイルの業績

(※画像クリックで拡大)

アイモバイルIPOの業績は、好調に推移しており、全く問題なさそうです。

アイモバイルのIPO評価

アイモバイルIPOは、業績好調で事業内容もIPO向きですが、とにかく規模の大きさ(吸収金額79億円)がネックですね。

また、アイモバイルIPOは、JR九州IPOとBB(ブックビルディング)期間が被っているため、資金が分散されて需給面に少なからず影響を与えそうです。

よって、アイモバイルのIPO評価はCが妥当だと考えています。アイモバイルIPOは、公開価格を上回る初値が付きそうですが、規模が大きいだけに、あまり大きな利益は得られないと思います。

また、JR九州IPOに資金が集中した場合、BB(ブックビルディング)の段階で苦戦する可能性もありますね。

ただし、JR九州IPOの新規上場が成功すれば、多少の追い風にはなりそうです。


にほんブログ村

アイモバイルIPOのその他情報はこちら

アイモバイルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アイモバイルIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。参加したい気持ちはあるのですが、JR九州IPOに大方の資金を投入する予定なので、資金に余裕があれば参加したいと思います。

ただ、主幹事のSBI証券だけは、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、必ず申し込むつもりです。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

アイモバイルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
エース証券 口座なし
マネックス証券 BB検討中


アイモバイルIPOで幹事を務めるSMBC日興証券


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

超大型IPOのユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)とマクロミルが、年内に再上場するかもしれませんので、今のうちに証券口座を増やしておくことをオススメします。

IPOにオススメの証券会社