ユーザベース(3966)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週(10月4日~10月11日まで)からスタートします。

ユーザベースIPOは、その後にJR九州(九州旅客鉄道)IPOの新規上場が控えているため、少なからず資金分散の影響を受けそうですね。

ユーザベース

ユーザベース(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ユーザベース
コード3966
主幹事証券みずほ証券
幹事証券マネックス証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村証券
大和証券
SBI証券
カブドットコム証券
松井証券
上場日10月21日
仮条件決定日10月3日(2,190円~2,510円に決定)
ブックビルディング期間10月4日から10月11日まで
公開価格決定日10月12日(2,510円に決定)
申込期間10月13日から10月18日まで
公募543,000株
売出し193,300株
OA110,400株
吸収金額21.3億円
想定価格2,510円


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

ユーザベースIPOの事業内容

ユーザベースは、BtoBサービスである企業・業界分析を行うビジネスパーソンのためのオンライン情報プラットフォーム「SPEEDA」と、BtoCサービスであるソーシャル機能も兼ね備えた経済ニュースプラットフォーム「NewsPicks」の2つの事業を運営しています。

SPEEDA」は、世界200ヵ国以上、380万社以上の上場・未上場企業データの他、統計データ、M&A情報などの経済情報にワンストップでアクセス出来るサービスです。

NewsPicks」は、90以上の国内外のメディアが配信する経済ニュースをワンストップで読むことが出来るうえに、ユーザ同士やユーザーと企業とのコミュニケーションを提供する「コミュニティ」の性格も備えたサービスです。

ユーザベースの事業内容は、IPO的に人気を集めてもおかしくありませんが、如何せん新規上場するタイミングが悪いですね。

ユーザベースIPOの業績

ユーザベースの業績

(※画像クリックで拡大)

ユーザベースIPOの売上高は、右肩上がりで急激に伸びていますが、利益は連結でようやく黒字転換したところなので、まだまだこれからといった印象です。

ユーザベースのIPO評価

ユーザベースIPOは、吸収金額が21.3億円(想定価格ベース)とやや大きく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も目に付き、JR九州IPOの新規上場も控えていることが懸念材料です。

また、ユーザベースIPOの前に新規上場するKHネオケムマーキュリアインベストメントが公開価格を割れるかもしれないので、その悪い流れを受ける可能性もあります。

よって、ユーザベースのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ユーザベースは、事業内容や成長性に期待を持てそうですが、需給面にやや難があるため、公開価格をわずかに上回る程度の初値が付きそうだと予想しています。


にほんブログ村

ユーザベースIPOのその他情報はこちら

ユーザベースIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ユーザベースIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ユーザベースIPOは、JR九州IPOとBB(ブックビルディング)期間が被っているため、資金繰り次第で多少は申し込むかもしれません。

ただし、SBI証券だけは、抽選に外れればIPOチャレンジポイントが貰えるので、何とか申し込みたいと思っています。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ユーザベースIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB検討中
マネックス証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB検討中
野村証券 BB検討中
大和証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 BB検討中
松井証券 BB検討中

JR九州IPOで主幹事を務めるSMBC日興証券


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOでは、申し込める証券会社が多いほど有利なので、新たな証券口座を開設して、IPO当選を目指しましょう。

IPOにオススメの証券会社