インバウンドテック(7031)IPOの改めての新規上場が承認されました。インバウンドテックIPOは、12月18日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、インバウンドテックIPOの主幹事は東海東京証券が務めることになっています。

インバウンドテックIPOは、2018年6月に新規上場する予定でしたが、直前になって上場を中止していたので、約2年を経て仕切り直しての新規上場になります。

インバウンドテック

インバウンドテック(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名インバウンドテック
コード7031(サービス業)
主幹事証券東海東京証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
香川証券
エイチ・エス証券
エース証券
水戸証券
上場日12月18日
仮条件決定日12月1日(5,200円~5,700円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月9日まで
公開価格決定日12月10日
申込期間12月11日から12月16日まで
公募186,200株
売出し20,000株
OA30,900株
吸収金額13.5億円
時価総額48.4億円
想定価格5,700円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
インバウンドテックIPO幹事のSBI証券

インバウンドテックIPOの概要

インバウンドテックIPOは、24時間365日対応の自社コールセンターによる多言語コンタクトセンターを中心に、業種に合わせた通訳ソリューションを展開しています。

また、インバウンドテックIPOは一般のコンタクトセンターBPOサービス専門型の営業アウトソーシングサービスも提供しています。

インバウンドテックIPOは、前回と株数はあまり変わりませんが、想定価格を3,810円から5,700円へと大幅にアップさせているので、吸収金額も8.7億円から13.5億円へとアップしています。

インバウンドテックIPOの前回新規承認時の記事

インバウンドテックIPOはココペリIPOとの同時上場になりますが、値がさで当選枚数も少ないため、それでも需給面で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

インバウンドテックIPOの幹事団は、主幹事の東海東京証券や平幹事のSBI証券などの6社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

インバウンドテックIPOの初値予想

インバウンドテックIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月1日以降)に追記させていただきます。

8,000円 (想定価格比:+2,300円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:7,000円~8,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:8,500円~10,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社