ココペリ(4167)IPOの新規上場が承認されました。ココペリIPOは、12月18日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ココペリIPOの主幹事は大和証券が務めることになっています。12月は、これで15日から4営業日連続で、実に11社ものIPOが新規上場することになりますね。

ココペリ

ココペリ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ココペリ
コード4167(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
丸三証券
マネックス証券
松井証券
上場日12月18日
仮条件決定日1,400円~1,600円に決定
ブックビルディング期間12月3日から12月9日まで
公開価格決定日12月10日
申込期間12月11日から12月16日まで
公募276,000株
売出し806,400株
OA162,300株
吸収金額16.2億円
時価総額94.2億円
想定価格1,300円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ココペリIPO幹事のSBI証券

ココペリIPOの概要

ココペリIPOは、中小企業向け経営支援プラットフォーム「Big Advance」を開発・提供しています。

現在(2020年10月末時点)、約50の金融機関がBig Advanceを提供しており、中小企業は金融機関が提供するBig Advanceに加入することで、ビジネスマッチング機能や補助金・助成金取得支援など、すべての機能を月額3,300円(税込)で利用することができます。

また、ココペリIPOは企業の様々なビッグデータから意味や妥当性を抽出し、最適な結果を分析・予測するAIモジュール「FAI」や、中小企業・個人事業主の生産性向上に寄与するITサポートサービスなども提供しています。

ココペリは、IPOで人気になりやすい事業内容で、規模(吸収金額16.2億円)もそれほど大きくないため、それなりに注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ココペリIPOの幹事団は、主幹事の大和証券をはじめ、SBI証券マネックス証券などの5社で構成されています。


マネックス証券のIPOは100%完全抽選

ココペリIPOの初値予想

ココペリIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月1日以降)に追記させていただきます。

3,200円 (想定価格比:+1,900円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,800円~3,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,000円~3,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社