いつも(7694)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月3日からスタートします。

いつもは、Amazon、楽天、Yahoo!など、有名ECサイトにおけるマーケティング支援を行っていることで注目されている企業です。

12月頭は、数多くのIPOのBB(ブックビルディング)期間が重なっているので、資金繰りに頭を悩ますことになりそうですね。

いつも

いつも(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名いつも
コード7694(小売業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
岩井コスモ証券
松井証券
極東証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月1日(1,440円~1,540円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月9日まで
公開価格決定日12月10日(1,540円に決定)
申込期間12月11日から12月16日まで
公募800,000株
売出し600,000株
OA210,000株
吸収金額23.2億円
時価総額77.8億円
想定価格1,440円→公開価格:1,540円
初値価格3,610円

いつもIPOの事業内容

いつもは、取引先のEC事業への参入障壁及び各課題を解消し、主要ECプラットフォームから自社ECまで含めたEC事業を総合支援するサービスとして、ECマーケットプレイスサービスとECマーケティングサービスを展開しています。

ECマーケットプレイスサービスでは、ブランドメーカーのD2C(自社ECサイトで直接消費者に販売するビジネスモデル)事業支援と、EC専用のカスタマーサービスや倉庫保管・物流サービスを提供するECフルフィルメントサービスを提供しています。

ECマーケティングサービスは、自社コンサルタントが取引先のサイト運営状況を分析し、売上拡大のためのアドバイスをする「ECコンサルティング」、ECサイト構築・広告運用・制作を代行する「マーケティング・クリエイティブ」、Amazon、楽天市場での市場規模、販売数予測、検索占有率データ等を提供し改善アドバイスをする「ECビッグデータ」で構成されています。

いつものサービス支援内容と収益モデル

IPOによる手取金の使途

  1. ECマーケットプレイスサービスにおける、ブランドメーカーよりの商品の仕入資金
  2. 業容拡大に対応した人材獲得のための採用費及び人件費
  3. 売上増加に伴い発生すると見込まれるデータ処理需要増加に対応するためのシステム投資資金
  4. 財務体質の強化を目的とした、使用使途が運転資金となる銀行からの借入金の返済資金

いつもIPOの業績

いつもの業績

(※画像クリックで拡大)

いつもIPOの売上は右肩上がりで、利益も急激に伸びていて好調そうですね。

いつものIPO評価

いつもは、IPOラッシュ真っ只中でのポピンズホールディングスとの同時上場で、規模(吸収金額23.2億円)もそれなりにあるため、資金分散や買い疲れの影響を受ける可能性はあります。

ただ、Amazon、楽天、Yahoo!といったECプラットフォームでのビジネスをサポートするEC総合支援事業は人気になりやすく、業績が好調なことからも注目されると思います。

よって、いつものIPO評価は、Aが妥当だと考えています。いつもIPOは公開価格の2倍前後の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

いつもIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

いつもIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事のみずほ証券はもとより、SBI証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

いつもIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
松井証券 BB参加
極東証券 口座なし
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング