ポピンズホールディングス(7358)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月4日から始まります。

ポピンズホールディングスは、国策とマッチしている子育て支援サービスなどを展開している企業です。

ただ、ポピンズホールディングスは人気化しそうないつもとの同時上場で規模も大きいため、資金分散の影響を受けそうですね。

ポピンズホールディングス

ポピンズホールディングス(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ポピンズホールディングス
コード7358(サービス業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月2日(2,650円~2,850円に決定)
ブックビルディング期間12月4日から12月10日まで
公開価格決定日12月11日(2,850円に決定)
申込期間12月14日から12月17日まで
公募1,100,000株
売出し2,150,000株
OA487,500株
吸収金額106.5億円
時価総額278.7億円
想定価格2,850円→公開価格:2,850円
初値価格2,679円

SMBC日興証券 オンライントレード

ポピンズホールディングスIPOの事業内容

ポピンズホールディングスは、「働く女性を最高水準のエデュケアと介護サービスで支援します。」というミッションの下、在宅サービス事業エデュケア事業を行っています。

在宅サービス事業では、ナニー及びベビーシッターを中心とした在宅保育サービスの提供、高齢者向け在宅ケアサービス、及び家事支援サービスを提供しています。

エデュケア事業では、「認可保育事業」と「認可外保育事業」の2つに分かれており、三大都市圏(東京・大阪・名古屋)以外の地方主要都市(札幌、仙台、福岡等)も含め、保育施設から学童施設まで、様々なニーズに応えた施設サービスを展開しています。

ポピンズホールディングスのサービスラインナップ

ポピンズホールディングスは、その他にも教育研修・調査事業、人材紹介・派遣事業、高齢者向けデイサービス施設等の運営事業なども行っています。

IPOによる手取金の使途

  1. 株式会社ポピンズホールディングスの基幹システム開発資金
  2. 借入金の返済資金
  3. 連結子会社の株式会社ポピンズへの投融資資金(認可保育所等の設備投資資金)
  4. 株式会社ウィッシュへの投融資資金(認可保育所等の設備投資資金)

ポピンズホールディングスIPOの業績

ポピンズホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

ポピンズホールディングスIPOの業績は好調に推移しているようですね。

ポピンズホールディングスのIPO評価

ポピンズホールディングスは、IPOラッシュ中の新規上場というだけでなく、いつもとの同時上場で、規模(吸収金額106.5億円)もとても大きいため、需給面に不安があります。

ただ、ベビーシッターを中心とした保育事業や高齢者向けケアサービスなどは社会的意義があり、子育て支援福祉というテーマ性もあるため、事業面で一定の評価を得られそうです。

よって、ポピンズホールディングスのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。ポピンズホールディングスIPOは、公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ポピンズホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ポピンズホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

ポピンズホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB検討中
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング