オーケーエム(6229)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月1日から開始されます。

オーケーエムは、IPOで人気になりにくい東証2部の機械セクターなので、注目度も低そうです。

また、オーケーエムは同時上場する5社の中でも一番地味めなので、他の銘柄に埋もれてしまうかもしれませんね。

オーケーエム

オーケーエム(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名オーケーエム
コード6229(機械)
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
西村証券
auカブコム証券
上場日12月17日
仮条件決定日11月27日(1,090円~1,220円に決定)
ブックビルディング期間12月1日から12月7日まで
公開価格決定日12月8日(1,220円に決定)
申込期間12月10日から12月15日まで
公募1,000,000株
売出し317,000株
OA197,500株
吸収金額16.5億円
時価総額47億円
想定価格1,090円→公開価格:1,220円
初値価格1,300円

SMBC日興証券 オンライントレード

オーケーエムIPOの事業内容

オーケーエムは、1902年(明治35年)創業のバルブ製造メーカーで、顧客の個別ニーズに合わせたカスタマイズバルブを開発・製造・販売しています。

オーケーエムは、建築、発電、造船、各種プラント等、幅広い業界にバタフライバルブを中心とした流体制御機器を提供しています。

オーケーエムの主な取扱製品

オーケーエムの主な取扱製品

また、オーケーエムは型式、サイズ、部品、材質、制御方法といったカスタマイズの組み合わせにより、10万種類を超える製品種類を取扱っています。

オーケーエムのカスタマイズ

オーケーエムは、SDGs(持続可能な開発目標)にも積極的に取り組んでおり、SDGs達成に貢献する製品として、船舶排ガス用バルブやバラスト水処理装置用バルブを開発しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 滋賀県野洲市に建設した研究開発センター(1期工事)の建設資金の借入金返済資金
  2. 連結子会社である奥村閥門(江蘇)有限公司への投融資資金(常熟新工場の新設)

オーケーエムIPOの業績

オーケーエムの業績

(※画像クリックで拡大)

オーケーエムIPOの業績は、東証2部らしく可もなく不可もなくといった感じですね。

オーケーエムのIPO評価

オーケーエムは規模(吸収金額16.5億円)が大きいわけではありませんが、5社同時上場というだけでなく、IPOで人気になりにくい東証2部の機械セクターなので、他の銘柄の陰に隠れてしまいそうです。

ただ、バルブ製造販売事業はニッチで独自性もあるため、事業面で一定の評価は得られるかもしれません。

よって、オーケーエムのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。オーケーエムIPOは、公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

オーケーエムIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

オーケーエムIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

オーケーエムIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB検討中
いちよし証券 BB検討中
西村証券 口座なし
auカブコム証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング