日本ビジネスシステムズ(5036)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の7月15日から始まります。

日本ビジネスシステムズは独立系クラウドインテグレーターとして、マイクロソフトクラウドサービスなどを活用したコンサルティング及びITサービスを提供しています。

日本ビジネスシステムズは8月のIPO第一弾で、前後のIPOとも程よく間隔が空いているため、日程には恵まれていますね。

日本ビジネスシステムズ

日本ビジネスシステムズ(東証スタンダードIPO)のIPO基本情報

銘柄名日本ビジネスシステムズ
コード5036(情報・通信業)
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SMBC日興証券
東海東京証券
SBI証券
岡三証券
岩井コスモ証券
東洋証券
むさし証券
auカブコム証券
岡三オンライン
上場日8月2日
仮条件決定日7月14日(1,420円~1,520円に決定)
ブックビルディング期間7月15日から7月22日
公開価格決定日7月25日(1,520円に決定)
申込期間7月26日から7月29日まで
公募2,438,000株
売出し0株
OA365,700株
吸収金額39.8億円
時価総額343.4億円
想定価格1,420円→公開価格:1,520円
初値価格1,827円

SMBC日興証券 オンライントレード

日本ビジネスシステムズIPOの事業内容

日本ビジネスシステムズは、「クラウドインテグレーション事業(CI)」「クラウドサービス事業(CS)」「ライセンス&プロダクツ事業(L&P)」の3つの事業を展開しています。

クラウドインテグレーション事業(CI)では、主にマイクロソフト社のクラウド製品である「Azure(Microsoft Azure)/M365(Microsoft365)/D365(Dynamics365)及び周辺クラウドサービスの導入を支援しています。

クラウドサービス事業(CS)では、「Azure/M365/D365」を含む、クラウド利活用における保守・運用・改善を請け負い、一貫したサポートを提供しています。

ライセンス&プロダクツ事業(L&P)では、主に顧客のシステム開発における基盤となるマイクロソフト社の「Azure」「M365」「D365」等をはじめとしたクラウドソリューションとライセンス・関連機器をリセールとして提供しています。

日本ビジネスシステムズIPOの事業系統図

日本ビジネスシステムズの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 人材の採用等に係る費用及び人件費
  2. サービス基盤拡充・新規サービスの開発

日本ビジネスシステムズIPOの業績

日本ビジネスシステムズの業績

(※画像クリックで拡大)

日本ビジネスシステムズIPOの業績は概ね堅調に推移していますね。

日本ビジネスシステムズのIPO評価

日本ビジネスシステムズは規模(吸収金額39.8億円)が大きめですが、売出株ゼロの公募株のみなので、需給面はそこまで悪くはないと思います。

ただ、事業面はクラウドDX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性があるものの、目新しさに欠けていて全体的に地味な印象です。

よって、日本ビジネスシステムズのIPO評価はCが妥当だと考えています。日本ビジネスシステムズIPOは公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本ビジネスシステムズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

日本ビジネスシステムズIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところそれなりに申し込むつもりです。

共同主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券みずほ証券をはじめ、平幹事のSMBC日興証券SBI証券などにも申し込む予定です。

日本ビジネスシステムズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
東海東京証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB不参加
岩井コスモ証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
むさし証券 BB不参加
auカブコム証券 BB参加
岡三オンライン BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング