ジャパンワランティサポート(7386)IPOのBB(ブックビルディング)が翌月の6月7日から開始されます。ジャパンワランティサポートは住宅設備の長期保証などを行っています。

ジャパンワランティサポートは4社同時上場になるので、資金分散の影響が気掛かりですね。

ジャパンワランティサポート

ジャパンワランティサポート(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名ジャパンワランティサポート
コード7386(その他金融業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
野村證券
東海東京証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
DMM.com証券
上場日6月23日
仮条件決定日6月3日(1,500円~1,640円に決定)
ブックビルディング期間6月7日から6月13日
公開価格決定日6月14日(1,640円に決定)
申込期間6月15日から6月20日まで
公募97,000株
売出し543,000株
OA96,000株
吸収金額12.1億円
時価総額34.4億円
想定価格1,640円→公開価格:1,640円
初値価格1,480円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ジャパンワランティサポートIPOの事業内容

ジャパンワランティサポートは創業から現在に至るまで一貫して家電や住宅設備機器を製造又は販売する住宅設備供給事業者と提携し、住宅設備機器の延長保証事業を展開しています。

延長保証事業では、住宅設備機器の故障による修理対応や不具合の解決をサポートする「あんしん修理サポート」を運営しています。

あんしん修理サポートは給湯器、キッチン、バス、トイレ等家中の住宅設備機器の故障を最長10年間にわたり保証する延長保証サービスです。

ジャパンワランティサポートのあんしん修理サポート

また、ジャパンワランティサポートは鍵の紛失や水回りのトラブル、突発的なガラスの破損に対して緊急駆け付けを行うあんしん住宅サポート24hも運営しています。

あんしん修理サポート事業系統図

(※画像クリックで拡大)

さらに、ジャパンワランティサポートは中古住宅設備の延長保証を行うリユース修理サポートも提供しています。

ジャパンワランティサポートは事業拡大を計るKPIとして「有効会員数」を目標値として設定しており、2022年4月末現在において有効会員数は約126万件であり、2023年9月期までに150万件を目指しています。

ジャパンワランティサポートの有効会員数推移

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 修理データの分析のための環境整備に伴うシステム投資資金
  2. AI導入(修理受付、修理予測、その他業務フロー改善)に伴うシステム投資資金
  3. DX推進に伴う全社DXロードマップ作成に伴う資金
  4. 全社的なDX推進や事業拡大、IR拡大に伴いDX、法務、IRについての専門的知識を持った人材の採用費、人件費

ジャパンワランティサポートIPOの業績

ジャパンワランティサポートの業績

(※画像クリックで拡大)

ジャパンワランティサポートIPOの売上は右肩上がりで伸びており、利益も堅調に推移しているようです。

ジャパンワランティサポートのIPO評価

ジャパンワランティサポートの規模(吸収金額12.1億円)はさほど大きくなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たりません。

しかし、住宅設備の長期保証事業は目新しさに欠けるため、業績が良くても注目度は低そうです。

また、ジャパンワランティサポートは4社同時上場というだけでなく、親子上場ジャパンベストレスキューシステム(2453)の子会社)というのも少し気になります。

よって、ジャパンワランティサポートのIPO評価はCが妥当だと考えています。

ジャパンワランティサポートIPOは今のところ公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジャパンワランティサポートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ジャパンワランティサポートIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

ジャパンワランティサポートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB検討中
大和証券 BB検討中
野村證券 BB検討中
東海東京証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB検討中
マネックス証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング