ヤマイチ・ユニハイムエステート(2984)IPOのBB(ブックビルディング)が月末の5月31日からスタートします。

ヤマイチ・ユニハイムエステートは分譲マンション事業や戸建住宅事業を展開しています。

ヤマイチ・ユニハイムエステートはIPOラッシュ前の単独上場なので、スケジュールには恵まれていますね。

ヤマイチ・ユニハイムエステート

ヤマイチ・ユニハイムエステート(東証スタンダードIPO)のIPO基本情報

銘柄名ヤマイチ・ユニハイムエステート
コード2984(不動産業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
あかつき証券
auカブコム証券
LINE証券
上場日6月20日
仮条件決定日5月31日(900円~950円に決定)
ブックビルディング期間6月2日から6月8日
公開価格決定日6月9日(950円に決定)
申込期間6月10日から6月15日まで
公募1,700,000株
売出し200,000株
OA285,000株
吸収金額20.8億円
時価総額66.7億円
想定価格950円→公開価格:950円
初値価格878円

SMBC日興証券 オンライントレード

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOの事業内容

ヤマイチ・ユニハイムエステートは商業施設や共同住宅等の賃貸用不動産の保有により賃料収入を得る不動産開発・賃貸事業を行っています。

また、ヤマイチ・ユニハイムエステートは住宅用地や産業用地の分譲販売と戸建建築を行う不動産開発・販売事業も展開しています。

さらに、ヤマイチ・ユニハイムエステートはマンションの企画開発及び分譲販売を行うマンション事業高齢者向けサービス事業なども行っています。

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOの事業系統図

ヤマイチ・ユニハイムエステートの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 不動産開発・販売セグメントにおける戸建用分譲地の取得及び開発に係る運転資金

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOの業績

ヤマイチ・ユニハイムエステートの業績

(※画像クリックで拡大)

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOの業績は概ね堅調に推移しているようです。

ヤマイチ・ユニハイムエステートのIPO評価

ヤマイチ・ユニハイムエステートは合併する前の2020年にヤマイチエステートとしてIPO新規上場しようとしましたが、コロナショックで上場を中止していたので、仕切り直しての新規上場になります。

ヤマイチ・ユニハイムエステートは前回よりも規模(25.1億円→20.8億円)が小さくなってはいますが、それでも軽くはありません。

また、不動産事業もIPOで人気とは言えず、事業内容も目新しさに欠けるため、事業面の注目度も低そうです。

よって、ヤマイチ・ユニハイムエステートのIPO評価はDが妥当だと考えています。

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想していますが、公開価格を割れる可能性もありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込みます。

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
あかつき証券 口座なし
auカブコム証券 BB不参加
LINE証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング