まぐまぐ(4059)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の9月7日から始まります。まぐまぐは社名からも分かる通り、老舗のメールマガジンポータルサイト「まぐまぐ!」を運営している企業です。

まぐまぐは、トヨクモグラフィコとの3社同時上場になりますが、その中では規模が一番小さいため、需給面ではややリードしている感じですね。

まぐまぐ

まぐまぐ(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名まぐまぐ
コード4059(情報・通信業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
東海東京証券
エース証券
岩井コスモ証券
水戸証券
岡三証券
マネックス証券
エイチ・エス証券
極東証券
岡三オンライン証券
SBIネオモバイル証券
上場日9月24日
仮条件決定日9月3日(730円~810円に決定)
ブックビルディング期間9月7日から9月11日まで
公開価格決定日9月14日(810円に決定)
申込期間9月15日から9月18日まで
公募530,000株
売出し120,000株
OA30,000株
吸収金額5.4億円
時価総額21.6億円
想定価格790円→公開価格:810円
初値価格3,400円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

まぐまぐIPOの事業内容

まぐまぐは、メールマガジン配信プラットフォームを中心としたプラットフォーム事業を展開しています。

プラットフォーム事業では、メールマガジンを中心としたコンテンツ配信プラットフォーム「まぐまぐ!」、ライブ配信サービス「まぐまぐ!Live」、記事販売プラットフォーム「mine」を運営しています。

まぐまぐのプラットフォーム事業

また、まぐまぐはメディア広告事業として、総合ニュースメディア「MAG2 NEWS」、総合金融情報サイト「MONEY VOICE」、旅行メディア「TRiP EDiTOR」、恋愛メディア「by them」の運営及び広告枠販売サービスも行っています。

まぐまぐ運営Webメディアの特徴

まぐまぐIPOの事業系統図

まぐまぐの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 2020年4月にリリースしたライブ配信サービス「まぐまぐ! Live」の機能強化のための開発に関する外部委託費
  2. 当社のメルマガ基幹システム刷新のための開発に関する費用
  3. 人員増に伴う増床のための建物附属設備の資金
  4. 既存事業の規模拡大のための企画運営等の人員及び管理体制強化のための管理人員の採用費及び人件費

まぐまぐIPOの業績

まぐまぐの業績

(※画像クリックで拡大)

まぐまぐIPOの売上は概ね堅調に推移しており、利益も伸びているので、問題なさそうですね。

まぐまぐのIPO評価

まぐまぐはトヨクモグラフィコとの3社同時上場ですが、その中で一番小型(吸収金額5.4億円)なので、あまり心配する必要はないと思います。

また、メルマガという媒体は既にピークアウトした感もありますが、それでも「まぐまぐ!」自体の知名度は高く、Webメディア運営なども行っているため、かなり注目されそうです。

よって、まぐまぐのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。まぐまぐIPOは、公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

まぐまぐIPOのその他情報はこちら

まぐまぐIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

まぐまぐIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。

SBI証券が主幹事なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うこともできますが、私の保有ポイントでは届きそうないので、少ない資金で勝負する予定です。

また、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事も幅広く申し込もうと思います。

まぐまぐIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
水戸証券 口座なし
岡三証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
極東証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング