トヨクモ(4058)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の9月4日からスタートします。トヨクモは、クラウド、小型、マザーズの三拍子が揃ったIPOとして注目されているようです。

また、トヨクモはグラフィコまぐまぐとの3社同時上場になりますが、どの銘柄も規模がそれほど大きくないので、地合いが悪化しなければ何とかなりそうですね。

トヨクモ

トヨクモ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名トヨクモ
コード4058(情報・通信業)
主幹事証券いちよし証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
SBI証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券
むさし証券
上場日9月24日
仮条件決定日9月2日(1,800円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間9月4日から9月10日まで
公開価格決定日9月11日(2,000円に決定)
申込期間9月14日から9月17日まで
公募300,000株
売出し200,000株
OA50,000株
吸収金額9.9億円
時価総額90億円
想定価格1,800円→公開価格:2,000円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

トヨクモIPOの事業内容

トヨクモは法人向けクラウドサービス事業として、緊急時に簡単に情報共有できるように設計したシンプルなクラウドサービス「安否確認サービス2」の開発・販売を行っています。

トヨクモの安全確認サービスは、災害時に従業員等の安否確認を携帯電話、スマートフォン、パソコンで行うクラウドサービスで、災害発生時の被害状況を正確に把握し、従業員等への指示を迅速に行うための機能を備えています。

トヨクモの安全確認サービスの主な機能

また、トヨクモはサイボウズ株式会社が提供している業務改善プラットフォーム「kintone」に連携するサービスを提供することで、kintoneをより便利に活用することを支援しています。

トヨクモのkintone連携サービス

トヨクモのサービスは、利用期間に応じて料金が発生するビジネスモデルなので、有償契約数の増加により、継続的に収益が積み上がるストック型ビジネスになっています。

トヨクモの事業系統図

トヨクモの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 既存サービスの向上及び新規サービス開発に伴う人材採用費
  2. 既存サービスの向上及び新規サービス開発に伴う人材に係る人件費
  3. 知名度向上のための広告宣伝費

トヨクモIPOの業績

トヨクモIPOの業績

(※画像クリックで拡大)

トヨクモIPOの売上は右肩上がりで、利益も急激に伸びていて好調そうですね。

トヨクモのIPO評価

トヨクモはグラフィコまぐまぐとの3社同時上場ですが、規模は想定価格ベースで9.9億円と小さいため、それでも人気を集めると思います。

また、トヨクモはクラウドというテーマ性や、継続的な利益が見込めるストック型ビジネスという点でも関心を集めそうです。

よって、トヨクモのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。トヨクモIPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

トヨクモIPOのその他情報はこちら

トヨクモIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

トヨクモIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。ただ、主幹事のいちよし証券は抽選配分比率が10%から1%に改悪されたため望み薄です。

しかし、SMBC日興証券マネックス証券など、ネットから申し込める全ての幹事証券に申し込んで、当選を狙いたいと思います。

トヨクモIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
いちよし証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
むさし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング