グラフィコ(4930)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の9月4日からスタートします。グラフィコは健康食品を中心に、ヒット商品を連発していることで関心を集めているようです。

また、グラフィコは2015年12月25日に新規上場する予定だったのを急遽中止していたので、5年の歳月を経て、改めての新規上場になります。

グラフィコ

グラフィコ(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名グラフィコ
コード4930(化学)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
藍澤證券
東洋証券
上場日9月24日
仮条件決定日9月2日(3,850円~4,090円に決定)
ブックビルディング期間9月4日から9月10日まで
公開価格決定日9月11日(4,090円に決定)
申込期間9月15日から9月18日まで
公募80,000株
売出し200,000株
OA42,000株
吸収金額12.4億円
時価総額33.9億円
想定価格3,850円→公開価格:4,090円
初値価格9,560円

SMBC日興証券 オンライントレード

グラフィコIPOの事業内容

グラフィコは、健康食品、化粧品、日用雑貨、医薬品を中心に、累計販売数100万個超えの商品を複数展開しています。

グラフィコの商品
グラフィコの商品

また、グラフィコは自社オリジナル商品のみならず、海外メーカーからオキシクリーンの日本オリジナル商品の販売を含む独占販売権を取得し、正規輸入販売元として日本国内にて販売しています。

オキシクリーン

さらに、グラフィコは2017年に製薬会社であるみらいファーマ株式会社と合併を行い、健康食品、化粧品、日用雑貨領域の商品に加え、医薬品の製造販売も行っています。

グラフィコIPOの事業系統図

グラフィコIPOの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 業容拡大に伴う仕入資金等の運転資金
  2. WEB、テレビ等の広域プロモーションの広告宣伝費用
  3. 新商品開発に伴う費用
  4. 新規採用に係る採用費及び人件費

グラフィコIPOの業績

グラフィコIPOの業績

(※画像クリックで拡大)

グラフィコIPOの業績は概ね好調に推移していて問題なさそうですね。

グラフィコのIPO評価

グラフィコは、トヨクモまぐまぐとの3社同時上場ですが、値がさだけに当選枚数も少ないため、それでも需給面で注目されそうです。

また、健康食品や医薬品などの製造販売事業は目新しさに欠けますが、多数のヒット商品を生み出していて、業績も良いため、事業面でも一定の評価を得られると思います。

よって、グラフィコのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。グラフィコIPOは、公開価格の1.5倍~2倍程度で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グラフィコIPOのその他情報はこちら

グラフィコIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

グラフィコIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。SBI証券が主幹事なので、IPOチャレンジポイントを使う手もありますが、私の保有ポイントでは届きそうにないため、SMBC日興証券などの平幹事ももれなく申し込んで、当選を狙いたいと思います。

グラフィコIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社