豆蔵デジタルホールディングス(202A)IPOの仮条件が発表されました。

豆蔵デジタルホールディングスIPOはクラウドやAIといったテーマ性のある事業を行っていることで関心を集めてます。

豆蔵デジタルホールディングスIPOは規模の大きい再上場案件なので、需給面に不安がありますね。

豆蔵デジタルホールディングスIPOの初値予想

豆蔵デジタルホールディングスIPOの関連記事

豆蔵デジタルホールディングスIPOの新規上場を承認!日興と三菱が共同主幹事

豆蔵デジタルホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!再上場IPO

豆蔵デジタルホールディングスIPOの仮条件

1,280円~1,330円

豆蔵デジタルホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の1,280円を下限に上方へやや拡げて設定されています。

ちなみに、豆蔵デジタルホールディングスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は65.8億円から68.3億円にアップします。

また、IPOの新ルールが適用されているため、公開価格は仮条件の下限の80%以上かつ上限の120%以下の価格である1,024円以上1,596円以下の範囲内で決定する可能性があります。

SMBC日興証券 オンライントレード
豆蔵デジタルホールディングスIPO主幹事のSMBC日興証券

豆蔵デジタルホールディングスIPOの初値予想

1,330円 (想定価格比:+50円)

(※大手予想会社の初値予想:1,380円~1,500円)

豆蔵デジタルホールディングスIPOは規模(吸収金額68.3億円)が大きく、そのほとんどが投資ファンドの売出し株なので、大型のイグジット(出口)案件ということで警戒されると思います。

また、豆蔵デジタルホールディングスIPOは人気化しにくい再上場案件とうのも気掛かりです。

ただ、豆蔵デジタルホールディングスは480,000株(約6.1億円)を上限に親引けが予定されていて、欧州およびアジアを中心とする海外市場(米国およびカナダを除く)への販売も予定されているので、規模はその分縮小されます。

さらに、豆蔵デジタルホールディングスIPOはDXクラウドAIといったテーマ性があり、業績堅調で配当性向(50%~70%程度)が高いこともプラス要素です。

よって、豆蔵デジタルホールディングスIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

豆蔵デジタルホールディングスIPOの幹事団

豆蔵デジタルホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
モルガン・スタンレーMUFG証券
幹事証券大和証券
みずほ証券
野村證券
香川証券
SBI証券
松井証券
マネックス証券
東海東京証券
auカブコム証券
DMM.com証券

豆蔵デジタルホールディングスIPOは大型なので、主幹事のSMBC日興証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券なら期待できそうです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社