モダリス(4883)IPOの新規上場が承認されました。モダリスIPOは、8月3日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、モダリスIPOの主幹事は、みずほ証券が務めることになっています。モダリスは8月のIPO第一弾です。

8月は例年通りならIPO閑散期ですが、今年はコロナショックでIPOの上場中止が相次いだので、もしかするとそれらのIPOがスライド上場してくるかもしれませんね。

モダリス

モダリス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名モダリス
コード4883(医薬品)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
SMBC日興証券
いちよし証券
エース証券
マネックス証券
上場日8月3日
仮条件決定日7月10日(1,000円~1,200円に決定)
ブックビルディング期間7月14日から7月20日まで
公開価格決定日7月21日
申込期間7月22日から7月29日まで
公募2,100,000株
売出し600,000株
OA405,000株
吸収金額25.5億円
時価総額223億円
想定価格820円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
モダリスIPO幹事のSMBC日興証券

モダリスIPOの概要

モダリスIPOは、独自の創薬プラットフォームシステム「CRISPR-GNDM技術」を用いた遺伝子治療薬の研究開発を行っています。

通常のゲノム編集(CRISPR)は、遺伝子の二重鎖切断を行うため、遺伝子を切断することでガン化リスクが高まることが報告されており、また狙った遺伝子ではない他の遺伝子を切断するオフターゲット切断の問題が指摘されています。

しかし、モダリスIPOのCRISPR-GNDM技術は、切断を含む遺伝子の配列の改変を行うことなく遺伝子スイッチのオン・オフのみを制御するものであるため、クリーンな方法で治療を行うことができると考えられています。

遺伝子治療薬の研究開発には社会的意義があり、業績もバイオにしては黒字を出していて、まずまずといった印象です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

モダリスIPOのその他情報はこちら

モダリスIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券をはじめ、IPOでお馴染みのSBI証券SMBC日興証券などの5社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

モダリスIPOの初値予想

モダリスIPOの初値予想は、仮条件決定後(7月10日以降)に追記させていただきます。

2,000円 (想定価格比:+1,180円)

(※大手予想会社の初値予想:1,700円~2,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社