日本調理機(2961)IPOの新規上場が承認されました。日本調理機IPOは、11月9日に東京証券取引所2部市場へ新規上場する予定です。

また、日本調理機IPOの主幹事はSBI証券が務めることになっています。

11月のIPOは、ここまで順調に新規承認されているので、このペースを維持しながら12月のIPOラッシュにつなげてほしいですね。

日本調理機

日本調理機(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名日本調理機
コード2961(金属製品)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
岩井コスモ証券
極東証券
アイザワ証券
エイチ・エス証券
光世証券
東洋証券
松井証券
水戸証券
むさし証券
SBIネオトレード証券
岡三オンライン証券
CONNECT
上場日11月9日
仮条件決定日10月20日(2,610円~2,710円に決定)
ブックビルディング期間10月22日から10月28日
公開価格決定日10月29日
申込期間11月1日から11月5日まで
公募145,000株
売出し108,000株
OA37,900株
吸収金額7.9億円
時価総額30.3億円
想定価格2,710円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
日本調理機IPO主幹事のSBI証券

日本調理機IPOの概要

日本調理機IPOは社名からも分かる通り、厨房用機械器具や食品加工機械器具の製造・販売を行っています。

また、日本調理機IPOは日本全国の給食センター、小学校、中学校、保育園、幼稚園に、自校方式から給食センターまで、多様な厨房システムを提案しています。

日本調理機は、東証2部の地味めなIPOですが、個人投資家に人気のSBI証券が主幹事で、規模(吸収金額7.9億円)も小さいため、需給面で関心を集めるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本調理機IPOの幹事団は、主幹事がSBI証券なので、相変わらず規模が小さいわりに大所帯になっていますね。

岩井コスモ証券
IPO後期抽選型の岩井コスモ証券

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうです。

日本調理機IPOの初値予想

日本調理機IPOの初値予想は、仮条件決定後(10月20日以降)に追記させていただきます。

3,000円 (想定価格比:+290円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,900円~3,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,800円~3,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社