日通システム(4013)IPOの新規上場が承認されました。日通システムIPOは、10月13日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、日通システムIPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。10月のIPOはこれで4銘柄目となりましたが、規模の大きいIPOが目立ちますね。

日通システム

日通システム(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名日通システム
コード4013(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
東海東京証券
SBI証券
岩井コスモ証券
エース証券
豊証券
auカブコム証券
上場日10月13日
仮条件決定日9月23日(2,880円~3,000円に決定)
ブックビルディング期間9月25日から10月1日まで
公開価格決定日10月2日
申込期間10月5日から10月8日まで
公募2,500,000株
売出し0株
OA375,000株
吸収金額82.8億円
時価総額289.3億円
想定価格2,880円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
日通システムIPO幹事のSBI証券

日通システムIPOの概要

日通システムIPOは、業務の合理化と労働生産性向上を支援する統合ERPパッケージ「勤次郎Enterprise」の開発・販売を行っています。

統合ERPパッケージ「勤次郎Enterprise」は、クラウドサービスにも対応しており、約5,000社の導入実績があります。

日通システムIPOは、規模(82.8億円)が大きめですが、売出株ゼロの公募株のみという点は好印象です。

また、クラウド関連事業はIPOで人気になりやすく、業績も好調に推移していることから、事業面で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日通システムIPOのその他情報はこちら

日通システムIPOの幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、IPO取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券や、IPO後期抽選型の岩井コスモ証券などの8社で構成されています。

岩井コスモ証券

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団に名を連ねているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りする可能性がありそうですね。←正式に決定しました!

日通システムIPOの初値予想

日通システムIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月23日以降)に追記させていただきます。

3,300円 (想定価格比:+420円)

(※大手予想会社の初値予想:3,300円~3,800円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社