全研本社(7371)IPOの新規上場が承認されました。全研本社IPOは、6月16日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、全研本社IPOの主幹事は先ほどご紹介したEnjinと同じくみずほ証券が務めることになっています。

本日は、後ほどご紹介する東海道リート投資法人IPOも新規承認されており、6月後半はやはりIPOラッシュになりそうですね。

全研本社

全研本社(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名全研本社
コード7371(サービス業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
マネックス証券
auカブコム証券
岡三オンライン証券
DMM.com証券
上場日6月16日
仮条件決定日5月28日(1,290円~1,350円に決定)
ブックビルディング期間5月31日から6月4日
公開価格決定日6月7日(1,350円に決定)
申込期間6月8日から6月11日まで
公募600,000株
売出し2,680,200株
OA492,000株
吸収金額48.7億円
時価総額152.3億円
想定価格1,290円→公開価格:1,350円
初値価格上場後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
全研本社IPO幹事のSMBC日興証券

全研本社IPOの概要

全研本社IPOは、独自のWEBマーケティング戦略による集客支援サービス、海外IT人材と企業とのマッチング、AI技術開発など、クライアント課題に合わせた多様なIT事業を展開しています。

また、全研本社IPOはグローバルに活躍する人材の育成を目指し、普遍的なグローバルコミュニケーションツールである英会話を軸とした語学事業も行っています。

さらに、全研本社IPOは幹線道路沿いに隣接した好立地に建つ自社が保有するビル2棟で不動産事業を展開しています。

全研本社IPOは、規模(吸収金額48.7億円)が大きめで、売出株(2,680,200株)の多さも気になりますが、日程には恵まれていて事業面もまずまずという印象です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

全研本社IPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券を中心に、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券などの7社で構成されています。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループのauカブコム証券岡三オンライン証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!

全研本社IPOの初値予想

全研本社IPOの初値予想は、仮条件決定後(5月28日以降)に追記させていただきます。

1,700円 (想定価格比:+410円)

(※大手予想会社の初値予想:1,800円~2,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社