さくらさくプラス(7097)IPOの新規上場が承認されました。さくらさくプラスIPOは、10月28日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、さくらさくプラスIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

さくらさくプラスIPOは、今年の4月24日に新規上場する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で上場を中止していたので、改めての新規上場になります。

さくらさくプラス

さくらさくプラス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名さくらさくプラス
コード7097(サービス業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
エース証券
楽天証券
上場日10月28日
仮条件決定日10月12日(2,230円~2,330円に決定)
ブックビルディング期間10月13日から10月19日まで
公開価格決定日10月20日(2,330円に決定)
申込期間10月21日から10月26日まで
公募350,000株
売出し327,400株
OA101,600株
吸収金額17.4億円
時価総額92.1億円
想定価格2,230円→公開価格:2,330円
初値価格3,435円

SMBC日興証券 オンライントレード
さくらさくプラスIPO主幹事のSMBC日興証券

さくらさくプラスIPOの概要

さくらさくプラスIPOは、保育所「さくらさくみらい」を運営する子会社の株式会社さくらさくみらいを中軸に保育事業を展開しています。

「さくらさくみらい」は、創業から10年ほどで園の数が60(2020年4月現在)に達しており、運営する園のうち「認可保育園」の比率も98%を超えています(2020年4月現在)。

さくらさくプラスIPOは、前回の新規承認時と比べて、想定価格がやや高く(前回2,060円⇒今回2,230円)、規模はやや小さく(前回20.4億円⇒今回17.4億円)なっています。

さくらさくプラスIPOの前回新規承認時の記事

さくらさくプラスIPOは、本日同じく新規承認されたプレミアアンチエイジングIPOとの同時上場になりますが、前回もそこそこの評価を得ていたので、今回もそれなりといった感じですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

さくらさくプラスIPOのその他情報はこちら

さくらさくプラスIPOの幹事団は、前回と同じくSMBC日興証券が主幹事を務めており、平幹事にはSBI証券マネックス証券楽天証券などが顔を揃えています。


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

さくらさくプラスIPOの初値予想

さくらさくプラスIPOの初値予想は、仮条件決定後(10月12日以降)に追記させていただきます。

3,500円 (想定価格比:+1,270円)

(※大手予想会社の初値予想:3,000円~3,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社