サンケイリアルエステート投資法人(2972)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の2月25日から開始されます。サンケイリアルエステート投資法人は、昨年から不調なREIT(リート)IPOなので、やや厳しそうな気配です。

今年のREIT(リート)IPO第一弾だったエスコンジャパンリート投資法人の初値も公開価格割れだったので、ますます警戒されそうですね。→IPO初値結果(2019年)

サンケイリアルエステート投資法人

サンケイリアルエステート投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名サンケイリアルエステート投資法人
コード2972
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
野村證券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
上場日3月12日
仮条件決定日2月22日(98,000円~100,000円に決定)
ブックビルディング期間2月25日から3月4日まで
公開価格決定日3月5日(100,000円に決定)
申込期間3月6日から3月8日まで
公募227,238口
売出し0口
OA11,362口
吸収金額238.6億円
時価総額228.2億円
想定価格100,000円→公開価格:100,000円
初値価格97,000円

SMBC日興証券 オンライントレード

サンケイリアルエステート投資法人IPOの事業内容

サンケイリアルエステート投資法人は、フジ・メディア・ホールディングスの「都市開発・観光」事業を推進するサンケイビルグループをスポンサーとする投資法人です。

サンケイリアルエステート投資法人は、サンケイビルグループとの間で「資産循環型ビジネスモデル」を構築することにより、スポンサーとともに持続的成長を目指しています。

サンケイリアルエステート投資法人の資産循環型ビジネスモデル

サンケイリアルエステート投資法人は、スポンサーがオフィスビルの開発・運営管理に長年の実績・ノウハウを有していることや、オフィスビルを中心とする豊富な保有物件、開発不動産のパイプラインを有していることに鑑み、「オフィスビル」を主たる投資対象とし、都心オフィスビル中心の良質なポートフォリオを構築する予定です。

サンケイリアルエステート投資法人IPOのポートフォリオ

サンケイリアルエステート投資法人のポートフォリオ
サンケイリアルエステート投資法人の取得予定資産

(※画像クリックで拡大)

サンケイリアルエステート投資法人のIPO評価

サンケイリアルエステート投資法人はREIT(リート)IPOなので、大型(吸収金額238.6億円)というほではありませんが、REIT(リート)IPOの初値が昨年から全て公開価格を割れている点で警戒されると思います。

また、都心オフィスビル中心のポートフォリオは良さげですが、平均鑑定NOI利回りは4.1%と低く、格付けも得ていないため、全体的にはイマイチという印象です。

さらに、フジテレビを傘下に収めるフジ・メディア・ホールディングスに属するスポンサーのサンケイビルグループの知名度は高いと思いますが、スポンサーとして強力というほどではありません。

よって、サンケイリアルエステート投資法人のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。サンケイリアルエステート投資法人IPOの初値は、公開価格を割れる可能性もあると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サンケイリアルエステート投資法人IPOのその他情報はこちら

サンケイリアルエステート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

サンケイリアルエステート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。3月中旬からはIPOラッシュなので、リスク高めのサンケイリアルエステート投資法人IPOにあえて参加する必要はないと考えています。

サンケイリアルエステート投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB不参加
みずほ証券 BB不参加
野村證券 ネット口座での取扱いなし
SMBC日興証券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 ネット口座での取扱いなし


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社