ダイコー通産(7673)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週末の2月22日からスタートします。ダイコー通産は東証2部の地味めな銘柄なので、あまり注目されていないようです。

また、ダイコー通産はサンケイリアルエステート投資法人との同時上場で、翌日には人気化間違いなしのサーバーワークスが控えていることも懸念材料ですね。

ダイコー通産

ダイコー通産(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名 ダイコー通産
コード 7673
主幹事 野村證券
幹事証券(委託含む) SMBC日興証券
みずほ証券
大和証券
岡三証券
SBI証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券
上場日 3月12日
仮条件決定日 2月20日(1,510円~1,540円に決定)
ブックビルディング期間 2月22日~2月28日まで
公開価格決定日 3月1日(1,540円に決定)
申込期間 3月4日~3月7日まで
公募 160,000株
売出し 382,400株
OA 81,300株
吸収金額 9.4億円
時価総額 39億円
想定価格 1,510円→公開価格:1,540円
初値価格 1,732円

SMBC日興証券 オンライントレード

ダイコー通産IPOの事業内容

ダイコー通産は、CATV及び情報通信ネットワークにおいて使用される各種商品(ケーブル、材料、機器等)の仕入及び販売を主な事業として行っています。

ダイコー通産は、全国主要都市に12の営業所を配置し、最先端技術の情報提供及びネットワーク構築に関する提案等を行い、国内外メーカー等から仕入れた各種商品を、通信工事施工業者、電気通信事業者、電力会社及び官公庁等の顧客に販売しています。

ダイコー通産の事業モデル

(※画像クリックで拡大)

ダイコー通産は独立系商社なので、特定メーカー等の仕入先の意向に左右されることなく、販売先のニーズに合致した最適の商品をタイムリーに提供することができます。

また、自社企画製品を取り扱うことで一定の利益率を確保し、自社物流網を整備することでコストダウンを図っています。

ダイコー通産IPOの業績

ダイコー通産の業績

(※画像クリックで拡大)

ダイコー通産IPOの業績は、良くも悪くも堅実という印象です。

ダイコー通産のIPO評価

ダイコー通産は、IPOで人気になりにくい東証2部への新規上場で、事業内容も新鮮味に欠けるため、注目度は低いと思います。

ただ、規模(吸収金額9.4億円)が小さめで、業績も安定している点はプラス要素だと思います。

よって、ダイコー通産のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。ダイコー通産IPOは、公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ダイコー通産IPOのその他情報はこちら

ダイコー通産IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ダイコー通産IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券だけは、IPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込みます。

ダイコー通産IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
みずほ証券 BB検討中
大和証券 BB検討中
岡三証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB検討中


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社