スマートドライブ(5137)IPOの新規上場が承認されました。スマートドライブIPOは12月15日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、スマートドライブIPOの主幹事はSMBC日興証券大和証券が共同で務めることになっています。

12月のIPOはスマートドライブで5銘柄になりました。今年の12月は13日からIPOラッシュに突入といった感じですね。

スマートドライブ

スマートドライブ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名スマートドライブ
コード5137(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
大和証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
松井証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
auカブコム証券
DMM.com証券
上場日12月15日
仮条件決定日11月29日(1,260円~1,320円に決定)
ブックビルディング期間11月30日から12月6日
公開価格決定日12月7日
申込期間12月8日から12月13日まで
公募223,400株
売出し1,231,500株
OA218,200株
吸収金額21.1億円
時価総額76.1億円
想定価格1,260円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
スマートドライブIPO主幹事のSMBC日興証券

スマートドライブIPOの概要

スマートドライブIPOは、Mobility Data Platformにより移動データを取得・蓄積・活用することで、移動にまつわる様々なビジネスの新たな可能性を提供しています。

さらに、スマートドライブIPOはクラウド型車両管理システムにより、車両管理に関するさまざまな課題を解決しています。


スマートドライブIPOはそれなりの規模(吸収金額21.1億円)ですが、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されています。

また、スマートドライブIPOの業績はまだ赤字ですが、ビッグデータDXなどのテーマ性があるモビリティデータ事業を展開していることで注目されそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スマートドライブIPOの幹事団は共同主幹事のSMBC日興証券大和証券を中心に、松井証券楽天証券などの7社で構成されています。


松井証券のIPOは前受金不要(事前入金不要)

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事りしそうですね。←正式に決定しました!

スマートドライブIPOの初値予想

スマートドライブIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月29日以降)に追記させていただきます。

1,350円 (想定価格比:+90円)

(※大手予想会社の初値予想:1,320円~1,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社