ステラファーマ(4888)IPOの新規上場が承認されました。ステラファーマIPOは、4月22日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ステラファーマIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

本日は、後ほどご紹介するネオマーケティングIPOも新規承認されており、4月のIPOもいよいよ大詰めといった感じですね。

ステラファーマ

ステラファーマ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ステラファーマ
コード4888(医薬品)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
上場日4月22日
仮条件決定日4月2日(400円~460円に決定)
ブックビルディング期間4月6日から4月12日まで
公開価格決定日4月13日(460円に決定)
申込期間4月14日から4月19日まで
公募7,391,400株
売出し0株
OA1,108,600株
吸収金額43.4億円
時価総額140.4億円
想定価格510円→公開価格:460円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ステラファーマIPO幹事のSMBC日興証券

ステラファーマIPOの概要

ステラファーマIPOは、ホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy ; BNCT)に用いる薬剤の開発を行っています。

ちなみに、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)とは放射線治療の一種であり、新しいがんの治療法です。

従来の放射線治療では、通常の細胞にもダメージを与えてしまいますが、BNCTではがん細胞をピンポイントで破壊するため、身体への負担の少ない治療法として期待されています。

ステラファーマIPOは、すでに新規承認されているビジョナルIPOと、本日同じく新規承認されたネオマーケティングIPOとの3社同時上場で、規模(吸収金額43.4億円)もそれなりあるため、需給面にやや不安があります。

また、ステラファーマIPOは親子上場(ステラ ケミファ(4109)の子会社)で、業績もバイオベンチャーらしく赤字なので、慎重に判断する必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ステラファーマIPOの幹事団は。主幹事のみずほ証券をはじめ、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券などの8社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
IPOの取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券

ステラファーマIPOの初値予想

ステラファーマIPOの初値予想は、仮条件決定後(4月2日以降)に追記させていただきます。

460円 (想定価格比:-50円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:700円~900円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:500円~600円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社