サクシード(9256)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月7日から始まります。サクシードは「家庭教師のサクシード」などを運営しています。

サクシードはサインドTHECOOなどを含む6社同時上場なので、資金分散の影響が気掛かりですね。

サクシード

サクシード(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名サクシード
コード9256(サービス業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
岡三証券
岩井コスモ証券
丸三証券
アイザワ証券
エイチ・エス証券
極東証券
東洋証券
水戸証券
松井証券
SBIネオトレード証券
岡三オンライン証券
上場日12月22日
仮条件決定日12月3日(1,420円~1,560円に決定)
ブックビルディング期間12月7日から12月13日
公開価格決定日12月14日(1,560円に決定)
申込期間12月15日から12月20日まで
公募375,000株
売出し375,000株
OA112,500株
吸収金額12.5億円
時価総額50.4億円
想定価格1,450円→公開価格:1,560円
初値価格1,671円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

サクシードIPOの事業内容

サクシードは「教育と福祉の分野における社会課題を解決し、より良い未来を創造する」というミッションを掲げながら、教育人材支援事業福祉人材支援事業個別指導教室事業の3つの事業を行っています。

教育人材支援事業では「家庭教師のサクシード」をはじめ、ICT支援員、塾講師、学校教員、部活動指導員、日本語教師等の教育に関わる人材サービスを展開しています。

福祉人材支援事業では全国の保育所、幼稚園、学童保育施設、介護施設等を運営する法人や自治体に対して、保育士、栄養士、学童保育指導員、介護職員等の福祉に関わる人材サービスを提供しています。

個別指導教室事業では一人一人に合わせた学習指導を行う学習塾「個別指導学院サクシード」と学習塾付き学童クラブ「ペンタスキッズ」を展開しています。

サクシードIPOの事業系統図

サクシードの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 個別指導教室の出店に係る投資
  2. 事業拡大のための新規拠点設置に係る投資
  3. 人材教育費および採用費
  4. 事業拡大による当社従業員の増加に伴う東京本社の増床に係る投資

サクシードIPOの業績

サクシードの業績

(※画像クリックで拡大)

サクシードIPOは売上と利益が共に右肩上がりで好調に推移していますね。

サクシードのIPO評価

サクシードは6社同時上場になりますが、その中では規模(吸収金額12.5億円)が一番小さいのが救いです。

また、サクシードは業績好調で教育福祉というテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、サクシードのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。サクシードIPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サクシードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

サクシードIPOのBB(ブックビルディング)は積極的に申し込む予定です。主幹事のSBI証券を中心に、岩井コスモ証券松井証券などの平幹事にも申し込むつもりです。

サクシードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
丸三証券 BB参加
アイザワ証券 口座なし
エイチ・エス証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
水戸証券 口座なし
松井証券 BB参加
SBIネオトレード証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング