THECOO(4255)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月6日からスタートします。

THECOO(ザクー)はまれにみる値がさ(100株で71.8万円)ということで話題になっています。

ただ、THECOOはIPOラッシュ中の6社同時上場になるので、値がさというのがどう影響するのか注目ですね。

THECOO

THECOO(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名THECOO
コード4255(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
松井証券
東洋証券
極東証券
あかつき証券
SBIネオトレード証券
上場日12月22日
仮条件決定日12月3日(7,000円~7,200円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月10日
公開価格決定日12月13日(7,200円に決定)
申込期間12月14日から12月17日まで
公募200,000株
売出し300,700株
(国内:134,400株
海外:166,300株)
OA75,100株
吸収金額41.3億円
(国内:29.4億円
海外:11.9億円)
時価総額145.1億円
想定価格7,180円→公開価格:7,200円
初値価格6,100円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

THECOO(4255)IPOの事業内容

THECOO(ザクー)は一般ユーザー向けのファンコミュニティプラットフォーム「Fanicon」の提供を行うFanicon事業を行っています。

Fanicon」はアーティスト、インフルエンサー、タレント等(ファンコミュニティのオーナーであり、ファンの熱量の対象となるもので、以下「アイコン」という。)とそのファンが集い、アイコンとしての「価値」を提供したいアイコン側のニーズと、アイコンと「つながりたい」というファン側のニーズをマッチングさせるプラットフォームです。

Fanicon」はサブスクリプション型の月額料金及び購入されたファニポイントの利用分の売上を収益としています。

Fanicon

(※画像クリックで拡大)

また、THECOOはクライアント企業向けにインフルエンサーを用いたマーケティング施策支援やオンライン広告コンサルティングを行う法人セールス事業も展開しています。

THECOOの法人セールス事業

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. Fanicon事業における広告宣伝費及び販売促進費
  2. 人材採用費及び増加人件費
  3. 本社オフィス移転にかかる費用
  4. Fanicon事業の海外展開にかかる費用
  5. 金融機関からの借入金の返済

THECOO(ザクー)IPOの業績

THECOOの業績

(※画像クリックで拡大)

THECOO(ザクー)IPOの売上は急激に伸びていていますが、利益はまだまだ赤字なので、今後に期待といった感じですね。

THECOOのIPO評価

THECOOは欧州およびアジアを中心とする海外市場(米国およびカナダを除く)への販売も予定されていますが、6社同時上場で規模(吸収金額41.3億円)もやや大きく、値がさ(100株で71.8万円)でもあるので、参加できる投資家は限られてしまいそうです。

また、THECOOの業績は赤字ですが、インフルエンサーなどによる「Fanicon」は時流に乗った事業として関心を集めるかもしれません。

よって、THECOOのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。THECOO(ザクー)IPOは値がさだけに大きな利益を得られるかもしれませんが、その分リスクも高そうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

THECOO(ザクー)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

THECOO(ザクー)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、SBI証券だけは落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので必ず申し込む予定です。

THECOO(ザクー)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB検討中
大和証券 (主幹事) BB検討中
野村證券 BB検討中
いちよし証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB検討中
楽天証券 BB検討中
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
極東証券 口座なし
あかつき証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング