Finatextホールディングス(4419)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月6日から始まります。

Finatextホールディングスは証券・保険ビジネス向けのクラウド基幹システムの提供などを行っています。

FinatextホールディングスはIPOラッシュ真っ只中での6社同時上場になるので、買い疲れや資金分散の影響を受けそうですね。

Finatextホールディングス

Finatextホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Finatextホールディングス
コード4419(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)松井証券
あかつき証券
楽天証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
auカブコム証券
ストリーム(STREAM)
上場日12月22日
仮条件決定日12月3日(1,100円~1,290円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月10日
公開価格決定日12月13日(1,290円に決定)
申込期間12月15日から12月20日まで
公募2,800,000株
売出し12,675,700株
(国内:5,705,400株
海外:6,970,300株)
OA2,321,200株
吸収金額229.6億円
(国内:139.7億円
海外:89.9億円)
時価総額628.9億円
想定価格1,290円→公開価格:1,290円
初値価格990円

FinatextホールディングスIPOの事業内容

Finatextホールディングスは証券・保険ビジネス向けのクラウド基幹システム「金融インフラストラクチャ」の提供を中心に、優れた顧客体験を備えたフロントエンドサービスの企画・開発を支援する「フィンテックソリューション」や、顧客企業内に蓄積されたデータの利活用を支援する「ビッグデータ解析」サービスを提供しています。

金融インフラストラクチャ事業では、証券インフラストラクチャビジネス「BaaS」としてコミュニティ型スマホ投資サービス「STREAM(ストリーム)」を運営しています。

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

また、保険インフラストラクチャビジネスとして保険インフラストラクチャ「Inspire」の開発及び保守も行っており、グループ会社のスマートプラス少額短期保険株式会社をはじめ、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社や株式会社エポス少額短期保険に導入されています。

Finatextホールディングスの保険インフラストラクチャ「Inspire」導入企業

(※画像クリックで拡大)

フィンテックソリューション事業では、金融機関向けにDX(デジタルトランスフォーメーション)及びデジタルマーケティングの支援を行っています。

ビッグデータ解析事業では、企業が保有するPOSデータやクレジットカードデータ等のビッグデータを解析し、解析結果をランセンスデータとして官公庁や国内外の金融機関に販売しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 事業拡大に係る運転資金
  2. 連結子会社である株式会社スマートプラスの商品・サービスの拡充に伴って必要となる準備金等のための資本増強及びスマートプラス少額短期保険株式会社の保険準備金確保のための資本増強等に係る投融資資金
  3. 財務基盤の更なる強化に向けた金融機関からの借入金の返済
  4. 金融インフラストラクチャ事業の収益拡大を目的に、ソフトウェアへの投資を中心とした設備資金

FinatextホールディングスIPOの業績

FinatextホールディングスIPOの業績

(※画像クリックで拡大)

FinatextホールディングスIPOの売上は右肩上がりで伸びていますが、利益は完全な赤字ですね。

FinatextホールディングスのIPO評価

Finatextホールディングスは6社同時上場というだけでなく、その中で規模(吸収金額229.6億円)が一番大きく、売出株(12,675,700株)も多いため、需給面に不安があります。

ただし、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)の海外投資家に対しても販売される予定なので、海外での人気によって状況が大きく変わる可能性はあります。

また、Finatextホールディングスの業績は赤字ですが、IPOで人気のクラウドフィンテックDX(デジタルトランスフォーメーション)といったテーマ性があり、コミュニティ型スマホ投資サービス「STREAM」の知名度も高いため、それでも事業面で注目されそうです。

よって、FinatextホールディングスのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。FinatextホールディングスIPOは公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

FinatextホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

FinatextホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところそれなりに参加するつもりです。

共同主幹事の大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券だけでなく、平幹事の松井証券マネックス証券などにも申し込む予定です。

FinatextホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB参加
松井証券 BB参加
あかつき証券 口座なし
楽天証券 BB検討中
岩井コスモ証券 BB検討中
マネックス証券 BB参加
auカブコム証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング