サンウェルズ(9229)IPOのBB(ブックビルディング)が翌週の6月10日から始まります。サンウェルズはパーキンソン病専門の有料老人ホーム「PDホーム」を運営しています。

サンウェルズはIPOラッシュ真っ只中でのイーディーピーとの同時上場になるので、資金分散や買い疲れの影響が気掛かりですね。

サンウェルズ

サンウェルズ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名サンウェルズ
コード9229(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
東海東京証券
SBI証券
みずほ証券
楽天証券
今村証券
LINE証券
SBIネオトレード証券
上場日6月27日
仮条件決定日6月9日(1,770円~1,940円に決定)
ブックビルディング期間6月10日から6月16日
公開価格決定日6月17日(1,940円に決定)
申込期間6月20日から6月23日まで
公募1,761,000株
(国内:1,330,700株
海外:430,300株)
売出し1,174,000株
OA440,200株
吸収金額65.5億円
(国内:57.1億円
海外:8.3億円)
時価総額227.8億円
想定価格1,940円→公開価格:1,940円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

サンウェルズIPOの事業内容

サンウェルズはパーキンソン病専門の有料老人ホーム「PDホーム」(PD:Parkinson’s Diseaseの略 パーキンソン病の意)を中核事業として北海道、関東、関西、九州、北陸に12施設を展開し、更なる全国展開も計画しています。

PDハウスの施設展開

「PDハウス」では、パーキンソン病患者の症状に合わせたリハビリテーションを高い頻度で受けることができ、看護師による服薬管理などを24時間体制で支援しています。

また、大学病院や専門医との連携により、最新の情報をリハビリテーションに取り入れ、ケアの技術を特定の疾患に集中させることで、質の高いサービスを提供しています。

大学病院・専門病院との共同研究

大学病院・専門病院との共同研究

(※画像クリックで拡大)

サンウェルズの売上高は、主にこれらのサービスの提供によって各都道府県の国民健康保険団体連合会及び社会保険診療報酬支払基金の審査支払機関から得る介護保険や健康保険及び障害福祉サービスによる保険給付と、利用者から得る自己負担金及び保険適用外であるホテルコスト(家賃、光熱費、食事管理費、管理費)等により構成されています。

サンウェルズのビジネス構造

IPOによる手取金の使途

  1. 「PDハウス」における新規施設の設備資金
  2. 借入金返済資金

サンウェルズIPOの業績

サンウェルズの業績

(※画像クリックで拡大)

サンウェルズIPOの売上は綺麗な右肩上がりで、利益も急激に伸びていて好調そうです。

サンウェルズのIPO評価

サンウェルズは欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く。)への販売も予定されていますが、それにしても規模(吸収金額65.5億円)が大きく、イーディーピーとの同時上場でもあるため、資金分散や買い疲れの影響を受けそうです。

ただ、パーキンソン病専門の有料老人ホーム運営はこれからの超高齢化社会においても需要が見込め、業績も好調に推移していることから、事業面で一定の評価を得られるかもしれません。

よって、サンウェルズのIPO評価はDが妥当だと考えています。サンウェルズIPOは今のところ公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サンウェルズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

サンウェルズIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込む予定です。

サンウェルズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
東海東京証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB検討中
楽天証券 BB検討中
今村証券 口座なし
LINE証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング