ユーザベース(3966)IPOが、明日(21日)東証マザーズ市場へ新規上場します。このところのIPOは、KHネオケム、マーキュリアインベストメントと公開価格割れが続いています。

ユーザベースIPOは、来週新規上場するJR九州(九州旅客鉄道)IPOのためにも、悪い流れを断ち切って、少しでも良い初値を付けて欲しいですね。

ユーザベース

ユーザベースIPOの基本情報

ユーザベースIPOのBBスタンスとIPO評価

ユーザベースIPO上場直前の初値予想

2,760円 (公開価格比:+250円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,610円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,510円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,800円~3,200円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,800円)

※主幹事証券会社の引受価格:2,309.20円

ユーザベースIPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時に予想していた2,600円から2,760円に上方修正したいと思います。

ユーザベースIPOは、やや規模(21.3億円)が大きく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も気になりますが、IPOで人気になりやすい事業内容なので、公開価格(2,510円)を上回る可能性が高そうです。

ただ、ユーザベースIPOは、もっと高い初値が付きそうな気もするし、公開価格付近で初値形成する可能性も否定できないので、とても予想が難しい銘柄ですね。


にほんブログ村

ユーザベースIPOのその他初値予想はこちら

ユーザベースIPO初値決定前の気配運用

ユーザベースIPO初値決定前の気配上限値段は、公募価格比2.3倍の5,780円で、更新値幅は126円で更新時間10分になります。

また、気配下限値段は、公募価格比0.75倍の1,883円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、628円以上で10,040円以下となります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

JR九州IPOの抽選結果が発表されていますが、やはり申し込める証券会社が多いほど、当選確率がアップしているので、新たな証券口座を開設して、今後のIPOに備えましょう。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社